あの「とらや」にテーマパークが!?カフェにギャラリーも、1棟で和菓子の魅力を大満喫♪

2018年10月1日、約3年の時を経て「とらや 赤坂店」がリニューアルオープン。1棟まるまるがとらやで、人気の和菓子の販売のほか、ギャラリー、菓寮があり、まるで小さなテーマパークのようと話題です。とても和やかで美しく、和菓子好きならずとも魅了される同店は、一人でのんびりと出かけるにもピッタリ。 次の休日にぜひ出かけてみませんか?
地下1階から3階まで、4フロアで楽しむ和菓子の世界/とらや 赤坂店


とらや 赤坂店 外観

1964年の東京オリンピック開催の年にオープンした旧赤坂店からガラリと趣が変わり、生まれ変わった「とらや 赤坂店」。個性的なガラス張りの外観は、赤坂の新たなランドマークになりそうです♪



とらや 赤坂店 店内

物質的に豊かになった今の時代のニーズや本質を大切にデザインされた空間は、いたってシンプル。細部にまで行き届いたこだわりが、上品で、心地よく、清々しい気分にさせてくれます。

フロアは、地下1階から3階までの4つ。地下1階はギャラリー、1階はエントランス、2階は売場、3階は製造場と菓寮があります。

暖簾をくぐると、広々としたエントランスが広がります。1階は、予約商品の受け取りをメインに対応してくれます。



とらや 赤坂店 「ヨウカンアラカルト」(830円)の自販機

ちょっと隠れたところには、「ヨウカンアラカルト」(890円)の自販機が!その柄にも注目を。和菓子の基本、小豆が描かれているんです♪仕事の合間など、おやつにピッタリの一口サイズの羊羹の詰め合わせが気軽に、楽しく購入できますよ。



とらや 赤坂店 2階「売場」

2階は売場。従来型の対面スタイルではなく、商品がショールームの展示品のようにディスプレイされているので、店内をぐるぐる回遊したくなりそう。

オーダーメイドの「和菓子オートクチュール」の相談ができるスペースも。総量500g以上で注文できるので、結婚や両親の還暦祝いなど、記念日にオリジナルの和菓子で華を添えてみては?



とらや 赤坂店 特製羊羹「千里の風」(竹皮包1本3,888円、中形1本1,944円)

ここで気になる商品をチェック!

虎柄が目を引く特製羊羹「千里の風」(竹皮包1本3,888円、中形1本1,944円)は、赤坂店限定。



とらや 赤坂店 特製羊羹「千里の風」

二人の職人が阿吽の呼吸で作り出す虎柄は、一つとして同じものはないそう。写真に撮って、SNSでシェアしたくなるかわいさ♡



とらや 赤坂店 「小形羊羹」(260円)

とらやの羊羹を気軽に楽しめる「小形羊羹」(260円)は、カラーパレットのような美しさ。こんなセンスのいい和菓子を手土産にしたら、一目置かれそう!



とらや 赤坂店 「ちさき包み」(994円)

一枚の紙を折り紙のようにして折り、包んだ「ちさき包み」(994円)。モダンな和の雰囲気で、ちょっとしたプレゼントにオススメ。虎を模した紅白の水引など、6種類の水引飾りから好みのものを選べます。



とらや 赤坂店 「ふろしき」(1,620円)「豆皿」(3,780円)

「ふろしき」(1,620円)、「豆皿」(3,780円)、「トートバッグ」(小2,160円、大2,700円)などオリジナルグッズの販売も。「懐紙・黒文字セット」(540円)や「一筆箋」(540円)など、縁遠くなりがちな和の小物も並びます。この機会に手に取ってみてはいかが?



とらや 赤坂店 2階

2階の空間デザインは、行灯を想起させる照明がポイント。陳列台は車椅子でも商品が見やすく、台と台の間には幅をもたせたことで移動しやすい設計で、誰もがゆったりと買い物を楽しむことができる空間です。

ここで商品をゆっくり見ていると、なんだか気持ちが安らぐよう。



とらや 赤坂店 「上生菓子」

職人が3階の製造場で作る、出来たての「生菓子」もズラリと並びます。四季折々の意匠を凝らしたお菓子を提供するため、2週間で商品は入れ替え。中には、1年で3日間限定のものも!まさに一期一会の旬の和菓子がいただけます。1つ50gほどと、大きめサイズがうれしいですね。



とらや 赤坂店 残月」(303円)

こちらも製造場で作られる赤坂店の限定品。明け方まで空に残る“残月“をかたどった焼菓子「残月」(303円)。生姜風味の生地で、餡を包んでいます。3階の菓寮で、抹茶などのお茶とともに、いただくこともできますよ。



とらや 赤坂店 「御用場」

職人の作業風景を見られる、3階の製造場「御用場」。ふだんあまり見ることのない、職人が和菓子を作る過程を見学できるのは、赤坂店ならでは。見ているだけでワクワク!



とらや 赤坂店 「菓寮」

さて、いよいよ3階の菓寮で、甘い時間を過ごしましょう♡

特に週末は混み合うことが多いので、1階エントランスに設置された整理券を受けってから2階「売場」を見たり、 時には「豊川稲荷東京別院」や赤坂の街へ出かけるのも楽しそう。 お店のHPでウエイティング人数などをチェックすることもできますよ。



とらや 赤坂店 「菓寮」

ガラス張りで開放的な雰囲気の菓寮。一人でも気軽に過ごせるカウンター席からは、青山通り、豊川稲荷東京別院が見えるほか、赤坂御用地の緑が癒しを与えてくれます。



とらや 赤坂店 「菓寮」テーブル席

ほかに、テーブル席やプライベート感のある半個室のほか、旧赤坂店から大切に受け継がれる円卓テーブル席も用意。

さらに、11席のテラス席があるのも忘れてはならないポイント!外でも過ごしやすい季節には、極上のティータイムが過ごせますね♪



とらや 赤坂店 「あんみつ(黒蜜/白蜜)」(1,512円)

「あんみつ(黒蜜/白蜜)」(1,512円)。オススメの黒蜜は、西表島の香り豊かな黒糖を使用。小豆、砂糖のみのシンプルな仕立ての餡、寒天などの具、蜜とのバランスが絶妙♡季節にあわせて、桜、梅、金魚などの形をした寒天が彩りを添えているので、いただく前に目でも味わって。



とらや 赤坂店 「小豆汁粉」(1,296円)

つぶ餡の「小倉汁粉」(1,296円)。ほかにこしあんの「御膳汁粉」、希少な白小豆を使った「白小倉汁粉」(各1,296円)も。



とらや 赤坂店 「ギャラリー」1

ティータイムを楽しんだ後は、地下にある入場無料のギャラリーへ。こちらは、「御用場」と同様に、赤坂店ならではの空間。
2018年12月30日(日)まで「とらやの羊羹デザイン展」を開催中。随時、さまざまな展示が行われる予定です。



とらや 赤坂店 「ギャラリー」2

「とらやの羊羹デザイン展」では、想像力や美意識を刺激する約450点ものデザインを展示。一部は2階の売場で、数量限定で復刻販売されています。とらや伝統の「大形羊羹」の重さを体感できる展示や、大釜と子どもの背丈ほどもある木べらに触れることもできますよ。



とらや 赤坂店 「ギャラリー」3

見るだけでなく体験できる楽しい仕掛けがあるので、ゆっくり時間をかけて見学してみて。

従来通りの買い物をする場ではなく、楽しく滞在できる「とらや 赤坂店」。和菓子の新たな魅力を発見できるのはもちろん、新しい刺激ももらえそう。一人時間を充実したものにしてくれます。のんびりと過ごしてみてくださいね!



とらや 赤坂店
住所:東京都港区赤坂4-9-22
電話:03-3408-4121(代)
営業時間:【売場】月〜金8:30〜19:00、土日祝9:30〜18:00 【虎屋菓寮】月〜金11:00〜18:30、土日祝11:00〜17:30 ※ランチタイム11:30〜14:30 【ギャラリー】10:00〜17:30 ※イベントにより変更あり
定休日:毎月6日(12月を除く)
最寄り駅:赤坂見附/赤坂/永田町



取材・文/近藤由美


※2018年11月19日の情報です。価格、内容等は変更になる場合があります。
※価格は全て税込です。



関連ニュースをもっと見る

関連記事

レッツエンジョイ東京の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索