「一人でも・・・ヒマな休日が寂しくない!?」ぶらぶら散歩が楽しい池袋のスポット5選

駅前に繁華街が広がる池袋。駅からちょっと離れると、レトロなカフェや緑豊かな庭園など、散策途中に立ち寄りたくなるのんびりスポットがいっぱい!今回は、一人の休日にでかけたくなる池袋のオススメ散歩スポットを紹介します。

ブラジル料理や読書が楽しめる一軒家カフェ/KAKULULU


KAKULULU外観


築45年のビルをリノベーションして誕生したカフェ「KAKULULU(カクルル)」。東池袋駅から徒歩約3分、サンシャインシティからもほど近く、ショッピングや散歩の途中で休憩に立ち寄りたくなる場所です。




KAKULULU店内


店内は温かみのある木の空間で、一人で落ち着いてコーヒータイムを楽しむのにもぴったりです。

本棚にはたくさんの書籍が置かれており、自由に閲覧がOK。8割がオーナーの私物で、小説、アート本、スポーツなど幅広いラインナップ。ソファに座りながら、のんびりした読書タイムを楽しむことができます。




KAKULULU料理


キッシュや丼ぶりなど幅広いメニューの中でも、特に人気なのがブラジル料理「ムケッカ」(1,080円)。

ご飯にかかっているのは、トマトで煮込んだ魚介をココナッツミルクで仕上げたシチュー。海鮮がたっぷりで食べ応えも十分!ライムをかけるとさっぱりとした後味になります。

食と読書と温かみのある空間で、リラックスしたひとときが過ごせそうです。



KAKULULU
住所:東京都豊島区東池袋4-29-6
電話番号:03-6907-0652
営業時間:木〜土11:30〜23:00、火・水11:30〜17:00
定休日:日・月・祝日




ミステリー好き必見の専門図書館/ミステリー文学資料館


ミステリー文学資料館


戦前戦後の探偵・推理雑誌、研究所、書誌などミステリーに関する書籍がそろう、世界でも珍しいミステリー専門の図書館「ミステリー文学資料館」。一般の人だけでなく、作家や研究者も利用する、本格的な施設です。

資料館ならではの静かな空間は、一人時間を過ごすのにぴったり。




ミステリー文学資料館


ラインナップの中には戦前の「新青年」、「ぷろふいる」、「月刊探偵」、「探偵趣味」など、他ではなかなか見ることのできない探偵雑誌も。ここでは開架式の書架で自由に読むことができます。小説の初版本や生原稿、シナリオなど貴重な資料も所蔵(ただし通常は非公開)。

年に数回、館内展示を開催。ミステリー好きならば、1日いても足りないほどの空間になっていますよ。日祝日・月は休館日なので、おでかけの予定を決めるときは休館日もチェックして!



ミステリー文学資料館
住所:東京都豊島区池袋3-1-2 光文社ビル
電話番号:03-3986-3024
営業時間:9:30〜16:30(入館は16時まで)
休館日:日曜、月曜、祝日
入館料:300円




レトロな洋館でノスタルジックなひとときを/自由学園明日館


自由学園明日館


1921年に建設され、1997年に国の重要文化財にも指定された「自由学園明日館」。自由学園の元校舎で、建築家フランク・ロイド・ライトが設計したことでも知られています。

同館は、一般公開されており、結婚式や講演会などにも利用されています。




自由学園明日館


館内は貸切の部屋がなければ、すべて見学することが可能。ミュージアム、会議室、ホール、講堂など、見どころが盛りだくさん。見学可能日は14時から1時間ほどの建物ガイドを開催しているので、参加してみるのもオススメです。


自由学園明日館


喫茶付見学(600円)は、コーヒー(紅茶)とお手製の焼き菓子が付いてきます。喫茶スペースとなっているホールで、コーヒータイムを楽しめますよ。

夜限定でお酒付見学(1,000円)もあるので、夜間見学のほか、桜の季節は夜桜をお目当てに来る人も多いそう。

池袋駅西口から徒歩約5分の落ち着いた場所にある同館。活気あふれる池袋で、ほっとひと息つきたいというときに足を運んでみては?



自由学園明日館
住所:東京都豊島区西池袋2-31-3
電話番号:03-3971-7535
営業時間:10:00〜16:00、夜間見学日 第3金曜日18:00〜21:00(入館は30分前まで)
休館日:月曜(月曜が祝日の場合、翌日)、年末年始※土日祝日は見学日が限定。要問合せ
料金:見学のみ400円、喫茶付見学600円、お酒付見学1,000円(夜間見学のみ)




四季の自然やバードウォッチングを満喫/豊島区立 目白庭園


目白庭園


日本らしい趣きのある場所として、豊島区の街づくりの一環として建設された「目白庭園」。池の周囲を歩いて散策できる池泉回遊式庭園で、四季折々の植物もたくさん配植されています。

最寄駅の目白駅からは徒歩約5分。池袋駅からも歩いて15分ほどと、都会の喧騒を忘れて散策しながら、日本の伝統文化を身近に感じるにはぴったりのスポットなんです。




目白庭園


池の南側にあるのは、子供向け雑誌「赤い鳥」に由来した木造瓦葺き平屋建ての数奇建築「赤鳥庵」。眺望がよく、中から庭園を一望することができます。

大池の水際に浮いているように見える「六角浮き見堂」は、散策中の休憩にオススメ。屋根の上には赤い鳥をイメージした益子焼の飾りがあります。




目白庭園


冬には鳥のえさ場を設けているため、メジロやヒヨドリが顔をだすことも。梅といっしょに、バードウォッチングを楽しむのもいいかもしれません。



豊島区立 目白庭園
住所:東京都豊島区目白3-20-18
電話番号:03-5996-4810
営業時間:9:00〜17:00、7、8月9:00〜19:00
休館日:第2、4月曜、年末年始
入園料:無料






東京都指定有形文化財の歴史ある木造建築/雑司が谷旧宣教師館


雑司が谷旧宣教師館


豊島区にある最古の近代木造建築である「雑司が谷旧宣教師館」。明治40年にアメリカ人宣教師のマッケーレブの邸宅として建てられた建物です。

当時は布教活動や幼児教育の拠点として利用されていましたが、東京都指定有形文化財に登録され、現在では一般公開されています。玄関ポーチの方杖やベイウィンドウなど、おしゃれな外観も魅力です。




雑司が谷旧宣教師館


1階は宣教師マッケーレブの活動や当時の生活を見ることができる展示コーナー。児童雑誌や図書を閲覧できる部屋もあります。




雑司が谷旧宣教師館


1階の居間にはマントルピースを設置。アールヌーボー風のタイルが使われており、ケヤキ材の装飾がついています。2階には雑司が谷の近代の文化活動を展示。地元ならではのさまざまな様子を知ることができます。

都電荒川線雑司ヶ谷駅から徒歩約8分、地下鉄有楽町線東池袋駅から10分ほどと散策を楽しみながら立ち寄るのにもオススメ。入館料が無料なので、気軽に足を運べるのもうれしいですね。



雑司が谷旧宣教師館
住所:東京都豊島区雑司が谷1-25-5
電話番号:03-3985-4081
営業時間:9:00〜16:30
休館日:月曜、第3日曜、祝日の翌日、年末年始
入館料:無料




取材・文:酒井 明子
※2019年1月21日の情報です。
価格は、すべて税込みです。内容等は変更になる場合があります。




関連記事

レッツエンジョイ東京の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索