東京に460円の道後温泉があるって!?西蒲田の銭湯は、情緒たっぷりでリフレッシュに最高だ!

仕事帰りに銭湯でリフレッシュするのが、女子の間で新定番に!そこで今回は、たった460円で天然温泉に入れる、大田区・西蒲田の銭湯をご紹介。ナビゲーターは、モデルで銭湯好きの井元まほさんです♪手軽にストレス解消できて美肌づくりにもよしと、実は女子にとってイイことづくめな銭湯へ、ぜひ立ち寄ってみて!

ここは道後温泉?東京にいながらにして天然温泉に浸る♡/はすぬま温泉


はすぬま温泉 外観


訪れたのは、蓮沼駅から徒歩2分と好アクセスの「はすぬま温泉」。創業80年の歴史を持つこちらの銭湯、2017年に道後温泉をイメージした内外装にリニューアルし、旅情感たっぷりの空間に。しかも、都内で均一の銭湯価格、460円で天然温泉を楽しめちゃうのです!さっそく入ってみましょう〜♪



はすぬま温泉 靴ロッカー


まずは入り口で靴を預けます。木の札がレトロ!



はすぬま温泉 フロント


入浴料(460円)の支払いは、フロントで。スタッフさんが、温泉旅館さながらのオリジナル半被を着てお出迎えしてくれました♪ここで、レンタルのバスタオルとフェイスタオルがセットになった「手ぶらセット」(200円)を受け取りましょう。



はすぬま温泉 ロビー


館内に入って驚きなのが、この大正ロマンあふれるロビー!道後温泉を参考にしたというステンドグラスから、優しい光が差し込むレトロな空間です。「なぜこんなに落ち着くのでしょう?」と店主の近藤和幸さんに尋ねると、天然木と漆喰をふんだんに使い、昔ながらの日本の良さを再現しているからなのだとか。



はすぬま温泉 映像の池


足元を見下ろすと、なんとデジタルサイネージによる映像の池が!リアルな鯉のほかに、季節ごとに人魚姫や浦島太郎などのレアキャラも登場するそう。あまりの楽しさに、ずっと眺めていたくなるほど。



はすぬま温泉 富士山の壁画


銭湯のシンボルである、富士山の壁画を発見!作者はもちろん、日本で数名しかいない銭湯絵師・丸山清人氏。浴場組合の公式キャラクター、ゆっポくんも一緒に描かれたユニークな一枚です。



はすぬま温泉 富士山の壁画 撮影


これだけ立派な富士山画なのだから、絶対スマホに収めたい!浴室だと写真が撮れないけれど、ロビーなら好きなだけ撮影OK。SNS映えもバッチリです♡



はすぬま温泉 脱衣所


早速、木のぬくもりたっぷりの脱衣所へ。格子モチーフのステンドグラスと格天井の組み合わせが、格式の高さを感じさせます。高い天井から吊るされたモダンなシャンデリアは、ドイツ製なのだとか。伝統を守りながらも、新しい感覚を取り入れ、現代にピッタリ寄り添うセンスに脱帽です。



はすぬま温泉 脱衣所の洗面台


脱衣所の洗面台には、無料のメイク落としも完備。手ぶらで立ち寄れるのがうれしいですね。



はすぬま温泉 浴場


いよいよ浴場へ。ステンドグラスや彫刻が道後温泉を思わせる空間は、広々としていてゴージャス!これが大衆銭湯だなんて、本当に驚きですよね。



はすぬま温泉 滝つぼ石


リニューアル前から変わらないというタイル絵の滝から、滝つぼ石に水が流れ落ち、鯉の泳ぐ川を経て、温泉となって浴槽に流れる設計に。ストーリーがあってステキですよね♪石の上部にも蓮の花が彫刻されているので、立ち上がって覗いてみてくださいね。



はすぬま温泉 シャワー

※撮影のため特別にバスタオルで入浴しています


早く湯船に浸かりたい気持ちをぐっとこらえて、まずは身体を流しましょう♪



はすぬま温泉 炭酸温泉


浴槽は2種類。源泉100%の天然温泉と、天然温泉に炭酸泉の効能を加えたオリジナルの炭酸温泉。源泉掛け流しの水風呂もあります。壁に描かれた緑の山々を眺めていると、まるで露天風呂に浸かっているような気分に♪



はすぬま温泉 緑茶色のお湯


ここ大田区付近は、都内でも黒湯の天然温泉が豊富に湧くエリアとして有名。「はすぬま温泉」では、より深いところから温泉を引いているため、緑茶色のお湯が特徴なのだとか。



はすぬま温泉 緑茶色のお湯


泉質は、ナトリウム 塩化物泉・炭酸水素塩冷鉱泉。「ナトリウムのとろみのあるお湯は、お肌の汚れを落として、つるつるの膜を張ってくれる効果が。美肌づくりにピッタリなんですよ」と、うっとりした表情の井元さん。



はすぬま温泉 サウナ室


サウナ室も完備(300円・バスタオル付き)。こちらも木のいい香り〜♡



はすぬま温泉 ロビー


お風呂上がりは、再びロビーで休憩♪ こちらは店主の近藤さんが秋田県美郷町のふるさと大使をお務めということもあり、いぶりがっこをはじめ秋田のおつまみが充実しているのです。ビールと合う〜♡

仕事帰りに、ふらっと温泉に浸かって一杯なんて、最高ですよね♪うーん、近所に住みたい!実際に、この銭湯を決め手に引っ越してくる方も多いのだとか。




まとめ


はすぬま温泉 店名


日常生活のなかで、気軽に旅行気分を味わえる「はすぬま温泉」。「大正ロマン」をコンセプトに掲げながらも懐古趣味に止まらず、女子にうれしいポイントもしっかり抑え、最新技術を取り入れたステキな銭湯でした。

「都内で天然温泉に入れる銭湯は、やっぱり貴重!すべての浴槽が源泉掛け流しなので、普段水風呂が苦手という方も、ぜひ試してみてください。まったりとした水質がお肌に優しいんですよ」(井元さん)



はすぬま温泉
住所:東京都大田区西蒲田6-16-11
電話番号:03-3734-0081
営業時間:15:00〜25:00
定休日:火
最寄駅:蓮沼





◆モデル/井元まほさん

自身も役者としてステージに立ちながら、年間100本近い様々な舞台を観劇している。銭湯と温泉巡りが趣味で、銭湯検定4級、温泉ソムリエの資格を持つ。

井元さんの近況はこちらをチェック♪
[公式HP] https://avex-management.jp/artists/actor/TIMAH
[Twitter] @maho_imoto
[Instagram] maho_imoto

撮影/片岡 祥 取材・文/皆川夕美

※2019年1月17日の情報です。
価格は、すべて税込です。内容等は変更になる場合があります。




関連記事

レッツエンジョイ東京の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索