マンガに一晩中没頭できる「眠れないホテル」が誕生!本の街・神保町で一人“漫泊”体験してみた

神保町エリアに2019年2月1日にオープンした「MANGA ART HOTEL, TOKYO」は、5,000冊を超えるマンガをそろえるカプセルホテル。“眠れないホテル”がテーマの同施設では、時間を気にすることなく、ただひたすらマンガの世界に浸ることができます。今までにないマンガ尽くしの宿泊を楽しめるホテルは、忙しい日々の息抜きステイにぴったり。新感覚の“漫泊”体験を、いち早くレポートします!

“一晩中マンガ体験”ができる夢のホテルが誕生/MANGA ART HOTEL, TOKYO


MANGA ART HOTEL, TOKYO 外観


小川町駅から徒歩約1分。複合ビル・LANDPOOL KANDA TERRACE内の4階と5階に位置する「MANGA ART HOTEL, TOKYO(マンガ アート ホテル トーキョー)」は、“一晩中マンガ体験”ができるカプセルホテルです。



MANGA ART HOTEL, TOKYO エントランス


エレベーターを降りるとまず出迎えてくれるのが、蛍光イエローが色鮮やかなエントランス。スタイリッシュな雰囲気に、これから始まる“漫泊”体験への期待が高まります……!



MANGA ART HOTEL, TOKYO MANGAROOM 女性専用フロア


受付をすませたら、女性専用フロアへ。部屋は4階に女性専用16室、5階に男性専用19室の全35室。男女別フロアとなっていて、各階ごとのカードキーがあるのでセキュリティ面も安心です。



MANGA ART HOTEL, TOKYO 本棚


部屋に一歩足を踏み入れた瞬間、5,000冊を超えるマンガに囲まれる光景に圧倒されます!本棚が見え隠れしながら広がっていくつくりがまるで洞窟のようで、マンガに埋め尽くされた世界に迷い込んだような、非日常感を楽しめます。




こだわり抜かれた選書と空間設計


MANGA ART HOTEL, TOKYO おすすめコメント


マンガは運営事業者である株式会社dotの共同代表、御子柴雅慶氏と吉玉泰和氏が自らキュレーション。ストーリーの面白さはもちろん、作画の美しさや主人公の職業など“アート”という観点から選書されていて、すべてのタイトルにおすすめコメントが添えられています。



MANGA ART HOTEL, TOKYO 本を選ぶ


普段なら手に取らないようなマンガも、コメントを読むと興味がぐっと深まります。自分の好みや価値観の幅が広がる感覚を味わえるのも、このホテルならではの楽しみのひとつ。

さらに、取り扱っているマンガはすべてその場で購入可能。マンガとの新たな出合いの記念に、印象に残った一冊をお土産として持ち帰るのもステキかも。



MANGA ART HOTEL, TOKYO 英語版マンガ


外国人観光客向けに、英語版マンガの用意も。現在は全体の5分の1、800冊ほどの英語版が置かれています。



MANGA ART HOTEL, TOKYO ベッドユニット


マンガとマンガの間に突如現れるような印象のベッドユニットは、上下左右に振ることで心地良い“くぼみ”ができるのもポイント。奥行きが生まれ、カプセルホテルのイメージを一新するような、立体的で広々とした空間になっています。



MANGA ART HOTEL, TOKYO ベッドユニット内


ベッドユニット内はコンセント2口とライト、貴重品ロッカーがあり、シンプルですっきりとした印象。マットレスや布団もふかふかで気持ちいい!



MANGA ART HOTEL, TOKYO ベッドユニット内


余計なものがないおかげで、ゆったりとした空間になっており、居心地はバツグン。より深くじっくりと、マンガと向き合うことができそうです。



MANGA ART HOTEL, TOKYO シャワールーム


各フロアにシャワールームが2つ、トイレが2つ、洗面台が4つと水まわりも充実。現在はアメニティの用意・販売は行っていませんが、すぐ近くにコンビニもあるので心配はなさそう。なにより白を基調とした清潔感ある空間が、女性にはうれしいポイントです。




とっておきの空間、とっておきのパジャマで特別なマンガ時間を


MANGA ART HOTEL, TOKYO テラス


さらに女性フロアにはテラスも用意されており、開放的な雰囲気を堪能することもできます。“本の街”である神保町の空気を感じながら、マンガを読みふけるひと時は格別ですよ!



MANGA ART HOTEL, TOKYO ベッドユニット


ベッドユニットやテラスでじっくり読んだり、本棚の前でつい立ち読みしたり……思い思いの場所やタイミングで、誰にも邪魔されることなくマンガを読めるなんてなんとも贅沢。「次はこれ……あのマンガも読みたい……」と、一晩あってもまだ時間が足りなくなりそう。



MANGA ART HOTEL, TOKYO パジャマ


さらに、パジャマブランド「Nells(ネルズ)」とのコラボレーションパジャマも販売。パンツにプリントされた“コマ”柄でマンガを表現。“着替えがいらない”というNellsのコンセプトどおり、ちょっとしたおでかけ用のワンマイルウェアとしてもOKなデザインになっています。

これを着ればリラックスムードはさらに高まり、身も心もマンガの世界に浸りながら良い夢がみられそう……!

パンツ(2柄/S・M)とTシャツ(2色/フリーサイズ)のセットで2型展開され、価格は19,440円。2月中旬よりホテル受付・webサイトで販売予定です。




まとめ


MANGA ART HOTEL, TOKYO テラス


毎日を忙しく過ごしていると、“自分のため”に何かに没頭する時間はつい少なくなっていくもの。ここへ来れば、童心に返ったように、時がたつのも忘れてマンガに夢中になれること間違いなし。さらに新しいマンガとの出合いは、物語を通して自分自身とじっくり向き合うきっかけにもなるかも。

「ちょっと疲れたな……」と感じたら、MANGA ART HOTEL, TOKYOで“漫泊”をしてリフレッシュ!マンガに囲まれた特別な一人時間を体験しに、ぜひ訪れてみてはいかが?



MANGA ART HOTEL, TOKYO
住所:東京都千代田区神田錦町1-14-13 LANDPOOL KANDA TERRACE 4・5F
電話番号:非公開
定休日:なし
料金:平日4,800円〜5,800円、土日祝およびその前日5,800円〜6,800円 ※変動の可能性あり
利用時間:チェックイン15:00/チェックアウト11:00
最寄駅:小川町、淡路町、新御茶ノ水





日笠さん

◆取材・執筆/日笠麗奈

ライター・モデル・イベントMC、来る仕事拒まずのなんでも屋。 お酒とアイドルとテレビが好きで、カルチャー・グルメ記事を中心にさまざまなメディアで執筆中。

Twitter:@reina_hikasa
Instagram:@reina_hikasa


撮影/片岡 祥

※2019年2月20日時点の情報です。料金など内容は変更になる場合があります。




関連記事

レッツエンジョイ東京の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索