一人回転寿司ってアリだわ!仕事帰りにサクッと行ける駅チカ回転寿司3選

リーズナブルでカジュアルに楽しめる「回転寿司」。女子のお一人様にはハードルが高いかも・・・と思われがちですが、気軽に立ち寄れるお店が続々と増えています。 今回は、お仕事帰りにサクッと立ち寄れる、お一人様女子にオススメしたい駅チカの回転寿司店をご紹介します。


気分は北海道旅行♪本場の海の幸を楽しめる東京駅地下の人気店/函太郎Tokyo


函太郎Tokyo外観

北海道のネタをはじめ、全国から厳選した魚介を楽しめる函館の大人気回転寿司店「函太郎」。 お店は駅直結の地下街「東京駅一番街」にあるので、天気を気にせず仕事帰りに立ち寄れます。



函太郎Tokyo内観

店内はモダンな落ち着いた雰囲気で、女子がゆったりと心地よい時間を過ごせる空間。 手前がカウンター席、奥がテーブル席と分かれているので、お一人様も気兼ねなく回転寿司を楽しめますよ♪



函太郎Tokyo貝類

自慢の北海道産「活ほっき貝」(302円)、「生ほたて」(356円)、「活つぶ貝」(356円)などの貝類(各1貫)は、剥きたての一番美味しい状態で食べられるよう、殻付きの状態で入荷し店内調理。

シャリも北海道産にこだわったオリジナルブレンド米なので、本場北海道の味をとことん堪能することができます。



函太郎Tokyoはちみつたらこ

同店でしか味わえない創作寿司もオススメ。「はちみつたらこ」(356円)は、国産ハチミツを使用したまろやかな風味の逸品。



函太郎Tokyoメルティーロール

アナゴとキュウリ、素揚げしたナスを巻いた「メルティーロール」(205円)は、その名の通りとろける食感がクセになる新感覚の美味しさです。



函太郎Tokyo酒

函館の地酒「臥牛山」(写真右/1合・842円)やオリジナル冷酒「函太郎」(写真左/1合・669円)などの日本酒も豊富に取り揃えているので、ゆっくりと一人飲みを楽しむこともできますよ♪

お疲れ気味の女子は、北海道一人旅気分を味わって、日々の忙しさをひととき忘れてリフレッシュしてみては?


産直グルメ回転寿司 函太郎Tokyo
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 B1F
電話番号:03-6259-1823
営業時間:月〜金11:00〜23:00(L.O22:30)、土日祝11:00〜22:00(L.O21:30)
定休日:なし
最寄駅:東京




魚屋さん直営!新鮮なネタを堪能できるデパ地下の回転寿司店/うおや亭


うおや亭外観

「うおや亭」は、池袋駅直結のデパート「西武池袋本店」の地下2階にあるお店。 隣の鮮魚店「魚喜」の直営店で、毎日全国から仕入れる新鮮なネタのお寿司を食べられると人気を集めています。



うおや亭内観

店内はカウンター席のみで、清潔感があり落ち着いた雰囲気。

デパ地下にあるとあって、お買い物の合間に立ち寄る女性のソロ客がほとんどなのだとか。お一人様女子も、周囲を気にすることなく食事を楽しめますね♪



うおや亭メニュー

店内には、季節の旬のネタがズラリ!一皿130円〜の人気ラインナップに加え、日本各地の変わり種も豊富に揃っています。

「赤ムツ(ノドグロ)」(756円)や「キンキ」(756円)など、回転寿司ではあまりお目にかかれない高級魚も楽しめますよ(ネタは時期により異なります)。



うおや亭まぐろセット

「まぐろセット」(写真手前/756円)は、良質な大トロ・中トロ・赤身の3貫を堪能できる大人気の一品。

あっさりしていて食べやすいと女子人気の高い「活〆白身セット」(写真奥/518円)も注文必至。さばきたてのタイ・シマアジ・カンパチは、ほどよい弾力で食べ応えもバッチリです。



うおや亭エビづくし

「エビづくし」(626円)は、食感や風味の異なる白エビ・赤エビ・生エビを堪能できる贅沢な一皿。一度に数種類を楽しめるセットメニューが多く、旬ネタのいいとこ取りができるのも同店の魅力のひとつです。

高級店さながらの上質なネタを独り占めして、至福のソロタイムを楽しんでくださいね。


うおや亭 池袋西武店
住所:東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 B2F
電話番号:03-3981-0111
営業時間:月〜土10:00〜21:00(L.O20:30)、日祝10:00〜20:00(L.O19:30)
定休日:不定休(西武池袋本店に準ずる)
最寄駅:池袋




ウニもイクラも150円!?コスパ最強店で好きなネタをたらふく独り占め♪/大江戸 新宿南口店


大江戸 新宿南口店外観

好きなものを思い切り食べたいなら、新宿駅から徒歩1分の「大江戸 新宿南口店」へ。 入口のポスターにも大きく書かれているように、同店ではなんと、どのネタも150円で楽しめちゃうんです!



大江戸 新宿南口店内観

明るく開放的な店内は、広々としていて活気に満ちあふれています。 フランクな雰囲気なので、肩肘を張らずにソロディナーを楽しめるのもうれしいポイントですね♪



大江戸 新宿南口店ウニ、イクラ、生エビ

「ウニ」「イクラ」「生エビ(1貫)」などの高級食材もすべて150円の同店。この安さで提供できるのは、他店舗と一括で仕入れをしているからなのだとか。 お財布を気にせずお寿司を食べられる、贅沢な一人時間を満喫できちゃいますね。



大江戸 新宿南口店ネタ3種

安くてもネタは大きく、鮮度も抜群。また、職人さんがその日のオススメを教えてくれるので、活きのいい品々に巡りあうことができます。 魚類はもちろん、「赤西貝」や「石垣貝」などの珍しい貝類も多数揃っているので、普段は食べないネタにもチャレンジしてみて(ネタは日によって異なります)。



大江戸 新宿南口店あら汁

大きな魚がたっぷり入った「あら汁」も、もちろん150円(あらは時期や仕入れ状況によって異なります)。旨味が溶け込んだアツアツのお味噌汁は、疲れた身体に染み渡ります。 食べたいものを好きなだけ食べられるのは、お一人様の特権。たらふく食べて、翌日からの活力を思う存分チャージしてくださいね♪


大江戸 新宿南口店
住所:東京都新宿区新宿3-35-10 ロイヤルプリンスビル1F
電話番号:03-3226-1813
営業時間:11:30〜23:00(L.O22:45)
定休日:なし
最寄駅:新宿




取材・文/牧 五百音

※2018年3月13日の情報です。価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※価格はすべて税込みです。


関連記事

レッツエンジョイ東京の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索