たった2,100円で伝説の「オリエント急行」に乗ってティータイムが楽しめるって知ってた?【ゆるむおでかけ】

都心から約90分、鮮やかで美しい庭園が迎えてくれる「箱根ラリック美術館」。静謐な空気が流れるミュージアムでは、フランスのジュエリーとガラスの工芸作家「ルネ・ラリック」の繊細な作品で、好奇心を満たす。そのラリックが室内装飾を手がけた豪華寝台特急「オリエント急行」で、ゆったりとティータイムを楽しむ。そんなひとときを過ごせば、いつの間にか心がほぐれ、ふわりと気持ちが落ち着いていることに気付くだろう。

繊細で美しい作品の数々、過去に思い馳せる豪華寝台


ラリック美術館


ラリック美術館


ラリック美術館


ラリック美術館


ラリック美術館


ラリック美術館


ラリック美術館


ラリック美術館


ラリック美術館


ラリック美術館


ラリック美術館


ラリック美術館


ラリック美術館


ラリック美術館



緑に包まれながら楽しむアートとティータイム

喧騒から少し離れて訪れた先には、フランスの風を感じるミュージアム。

光と色があふれるアートに、歴史感じる寝台特急。

目に映るものすべてが美しく、それていで心落ち着く場所がここにはあった。




今回訪れた「ゆるむ」/箱根ラリック美術館


ラリック美術館

箱根湯本駅より箱根登山バスに乗り、約30分。フランス・シャンパーニュ地方出身の宝飾・ガラス工芸作家、ルネ・ラリックの作品を所蔵・展示する「箱根ラリック美術館」。

七宝を駆使した独創的なジュエリーから、光や見る角度により美しいニュアンスをかもし出す、繊細なガラス作品が並んでいる。

また七色に輝くオパールと、ラリックの代表的な色ガラスである“オパルセントガラス”を使った企画展「オパールとオパルセント 魔性の光に魅せられて」は、2018年12月2日(日)まで開催。



ラリック美術館 ル・トラン

そのラリックが内装装飾を担当したのが、1929年に南仏を目指した豪華列車「コート・ダジュール号」のサロンカー。

サロンカーは後にオリエント急行の路線でも運行し、2001年まで現役で活躍していた。



ラリック美術館 ル・トラン ティーセット

同施設の特別展示「ル・トラン」は、車両見学はもちろん、車内で季節によって変わるデザートとドリンクのセットメニュー(2,100円)を楽しめる。

緑に囲まれた美術館、豪華な装飾が施された列車内での上品なティータイムは、日常を忘れ癒されるひとときになるだろう。



箱根ラリック美術館
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原186-1
電話番号:0460-84-2255
開館時間:9:00〜17:00(美術館入館は16:30まで)
美術館入館料:1,500円
LE TRAIN(ル・トラン):2,100円(ティーセット付、見学含45分)
LE TRAIN 予約時間:10:00〜16:00(1時間毎/定員20名) ※当日現地にて受付
定休日:年中無休(展示替のため臨時休館あり)
最寄駅:箱根湯本
※箱根登山バス「仙石案内所前」下車



取材/黒澤陽二郎


※2018年6月14日の情報です。
※価格はすべて税込み表記です。内容等は変更になる場合があります。





関連記事

レッツエンジョイ東京の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索