「池袋って、安くてこんなにおしゃれなの!?」女子一人ごはんで行きたい1,000円以下ランチ4選

「池袋っておしゃれなご飯屋さんなさそう…」と思っている人もいるのでは? 実は、池袋には1,000円以下なのにおしゃれな空間で美味しいランチが食べられる、高感度&高コスパなお店がたくさん! 今回は、女子一人でも入りやすく、充実したお昼ごはんが楽しめるお店をピックアップ。池袋でランチをしたい時は、ぜひ訪れてみて♪
HANABAR 池袋西口店/見た目も美しいランチは美活女子にもおすすめ!


HANABAR 池袋西口店 内観


西池袋公園の近くにある「HANABAR(ハナバー)」は、ドライフラワーの専門店が始めたダイニングバー。“花を味わう贅沢な時間”というコンセプトのもと、お花をインテリアや料理のアクセントに活用しています。

ドライフラワーが彩る店内は、映画のワンシーンのような佇まいでムード満点!カウンター席の用意もあるので、女子一人でもゆっくりできますよ。



HANABAR 池袋西口店 カレー


ランチでは「イエローカレー」(写真)と「タコライス」の2種類のセット(ともに950円)を、1ドリンクオーダー制で頼めます。「イエローカレー」はココナッツミルクとココナッツクリームでクリーミー。「タコライス」はヨーグルトソースと半熟たまごでスパイシーながらまろやか。

エディブルフラワーが散りばめられていて、鮮やかな見た目が食欲をそそります。



HANABAR 池袋西口店 ドリンク


ドリンクはセット価格でオーダー可能。とくにおすすめなのが、通常なら450円のところ、250円で頼めるタイの花のハーブティー「アンチャンティー」(※他のソフトドリンクは100円引きの350円)。美容に良いお茶として、タイの女性には好まれているのだとか。青色のお茶ですが、レモンやライムを入れると紫色に代わるのが特徴です。フォトジェニックなルックスで、味は優しくすっきり。

美味しくて、かわいくて、華やか。その上、美容にまで良い!これなら大満足のお昼ごはんになりそうですね。


HANABAR(ハナバー) 池袋西口店
住所:東京都豊島区西池袋3-30-6 磯野ビル1F
電話番号:03-3461-1490
営業時間:11:30〜14:00(L.O.14:00)、18:00〜24:00(L.O.23:30)
定休日:不定休
最寄駅:池袋




CAFE NOISE 池袋/アートな空間でいただく夏のパワーチャージランチ


CAFE NOISE 池袋 外観


サンシャインシティの地下1階にある「CAFE NOISE(カフェ ノイズ)」。“アーティスティック空間でくつろげるカフェ&ダイニング”というコンセプト通り、店内はスタイリッシュ。



CAFE NOISE 池袋 内観


壁にはデザイン画が飾られ、モダンな雰囲気が漂っています。

ソファ席やテーブル席もありますが、カウンター席もあるので、お一人様でも気兼ねなく立ち寄れますよ。



CAFE NOISE 池袋 ランチ1


ランチは「日替わりプレート」(月〜金900円/土・日・祝 990円)などオーソドックスなメニューもありますが、オススメしたいのは季節ごとに登場する限定メニュー(ドリンク付き)です。

数種類登場する限定メニューの中でも、この時期に食べておきたいのが、一番人気の「ケイジャンBBQチキンプレート」(月〜金960円/土・日・祝 990円)。ブラックペッパーとチリパウダー、ガーリックなどが入ったケイジャンスパイスを使った自家製BBQソースは、チキンと相性抜群!スパイシーでジューシーな味わいは、一口食べれば、やみつきになること間違いなし。



CAFE NOISE 池袋 ランチ2


また「鶏ひき肉と揚げ茄子のキーマカレードリア」(月〜金950円/土・日・祝990円)も注目の一皿。鶏ひき肉と茄子のキーマカレードリアに、チーズと卵をプラス。まろやかなのにパワフルな味で、女子に好評なのだそう。

他にも「3種のつけダレで頂く冷しゃぶサラダプレート」(月〜金890円/土・日・祝940円)など、今夏の限定ランチメニューはパワーチャージできそうな料理ばかり。おしゃれで美味しい昼ご飯をいただけば、暑い夏の午後もアクティブに乗り越えられそうですね!


CAFE NOISE(カフェノイズ)池袋
住所:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ専門店街アルパB1F
電話番号:03-3989-7535
営業時間:11:00〜23:00(L.O.22:00)※ランチタイム11:00〜15:00(L.O. 15:00)
定休日:不定休 (サンシャインシティに準ずる)
最寄駅:東池袋




FABRIC/インテリアショップが手掛けるカフェでおしゃれなひとときを


FABRIC 内観


サンシャインシティ近く、首都高速道路の高架下にある「FABRIC(ファブリック)」は、本格的なスペシャルティーコーヒーとサンドウィチを提供するカフェ。毎日、一人の時間をゆっくり楽しみたい女子でにぎわっています。

床はモノトーンで統一され、ソファ側の壁には店名どおりにファブリック(生地)がパッチワークされています。店頭も一面ガラス張りと、インテリアショップが経営しているだけあって、洗練された空間でSNS映えもしそう!



FABRIC ランチ


そんな同店では、

・好きなバケットサンドウィッチ(ハーフサイズ)2種類にドリンクが付く「ランチA」(980円)
・好きなサンドウィッチ1種類とドリンクが付く「ランチB」(880円)

という、2つのランチを用意。バケットサンドウィッチは、具もたっぷり入ってボリューミー。食べ応えばっちりです。イチオシの具材は「紅茶鴨&アボカドゆず胡椒」。鴨肉と大葉、アボカド、チーズのバランスが絶妙で、それぞれの持ち味を際立たせ合っています。

他にも「サーモンクリームチーズ」のバケットサンドや「ハムエッグチーズ」のサンドウィッチなど、シンプルながら味わい深いメニューが用意されています。



FABRIC コーヒー


ランチセットのドリンクはドリップコーヒーやカフェラテ、豆乳ラテなどコーヒー系メニューだけでなく、アールグレイやオレンジジュースなども選べます。またセットではありませんが、アイスをビスケットで挟んだ「アイスビスケットサンド」(500円)もスイーツ好きなら要チェック!

2階は輸入ファブリックのショールームになっているので、ランチタイム後にのんびりと鑑賞するのも良いかも♪


FABRIC(ファブリック)
住所:東京都豊島区南池袋2-43-16
電話:03-5979-0057
営業時間:月〜金8:00〜19:00(L.O. 18:45)/土・日・祝9:30〜19:00(L.O. 18:45)※ランチタイム11:00〜14:00(L.O. 14:00)
定休日:なし
最寄駅:池袋




COLORSOL QUALIA/たった800円でリゾート気分を味わえる、最強コスパランチ


COLORSOL QUALIA 内観


西池袋公園からすぐの場所にある「COLORSOL QUALIA(カラソル クオリア)」は“アメリカ西海岸のホワイトビーチ”がコンセプト。白を基調としたインテリアはリゾート感たっぷりで、まるで海外に来た気分を味わえちゃいます。

店内は50席あり、広々。一人でプチトリップ気分のお昼ごはんが楽しめそうですね。



COLORSOL QUALIA ランチ1


そして、ランチメニューはすべて800円!しかも全メニューにサラダ食べ放題、スープ飲み放題、さらにドリンクまで付いてきます。

メニューは日替わりで、「一押し牛すじカレー」など約8種類の料理がラインナップしています。中でも人気なのは「ベーコンとキャベツのトマトソース生パスタ」。創業100年を超える老舗製麺所から仕入れたモッチモッチの手打ち生パスタは、濃厚なトマトソースとの相性抜群!



COLORSOL QUALIA ランチ2


肉好き女子には「塩麹熟成ローストビーフ丼」もオススメ。熟成された肉の旨味が、一口噛むごとにあふれ出します。ソースは柚子胡椒ソースとワインソースの2種類からチョイス可能。

リーズナブルに贅沢気分を味わえる、押さえていきたい一店です。


COLORSOL QUALIA(カラソル クオリア)
住所:東京都豊島区西池袋3-31-15 ロイヤルプラザ2 2階
電話番号:03-6907-0140
営業時間:月〜木11:30〜15:00(L.O.14:30)、17:00〜27:00(L.O.26:30)/金11:30〜15:00(L.O.14:30)、17:00〜29:00(L.O.28:30)/土17:00〜29:00(L.O.28:30)/日・祝17:00〜24:00(L.O.23:30)
定休日:なし
最寄駅:池袋




取材・文/綱島 剛

※2018年7月23日時点の情報です。価格はすべて税込みです。情報、内容等は変更になる場合があります。


関連記事

レッツエンジョイ東京の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索