レトロモダンの空間には女子を幸せにするヒミツがある【ゆるむおでかけ】


ラ・メゾン・キオイ 待ち合わせ

最近の恋愛事情や仕事の悩み・・・久しぶりに会う友人と話したいことはたくさんあるけど、オトナの女子なら、その時間を過ごす場所も大切だ。

都会のど真ん中にありながら喧騒から切り離された、レトロモダンな洋館では、厳選された紅茶と香ばしいスイーツの香りが、穏やかな時間を演出してくれる。


まるで魔法みたいに心とろけるアフタヌーンティーを



ラ・メゾン・キオイ 待ち合わせ


ラ・メゾン・キオイ インテリア


ラ・メゾン・キオイ アフタヌーンティー


ラ・メゾン・キオイ アフタヌーンティー


ラ・メゾン・キオイ アフタヌーンティー


ラ・メゾン・キオイ アフタヌーンティー


ラ・メゾン・キオイ アフタヌーンティー


ラ・メゾン・キオイ アフタヌーンティー


ラ・メゾン・キオイ 紅茶


ラ・メゾン・キオイ ティーセット


ラ・メゾン・キオイ インテリア


ラ・メゾン・キオイ 個室

大きな窓から差し込む冬の淡い日差しと、柔らかく落ちる影。

歴史を刻んだ空間で楽しむアフタヌーンティーは、ゆっくりと流れる時を教えてくれた。




有形文化財の空間と絶品料理の数々で、ゆるゆると時を楽しむ/La Maison Kioi



ラ・メゾン・キオイ 外観

永田町駅から徒歩約1分。「La Maison Kioi(ラ メゾン キオイ)」は、都会のビル群の中で異彩を放つ、美しい洋館だ。

1955年から「プリンスホテル旧館」として使用されていた同施設は、16世紀のイギリスで流行したチューダー様式を基調としており、2011年には東京都指定有形文化財に指定された。

そんな歴史深い建築物ではあるが、実は気軽に、その洗練された空間と料理を体験できる。


ラ・メゾン・キオイ インテリア

シンプルではあるが重厚で暖かみを感じる装飾は、どこを撮ってもフォトジェニック。

個室は1階に2部屋、2階に5部屋あり、予約時に伝えれば利用可能。(昼利用時 5,000円+サービス料10%/1名)


ラ・メゾン・キオイ アフタヌーンティー

ランチ、ディナー、バーとその時々を多彩に楽しめる同施設だが、いまSNSなどで特に注目を集めているのが、「イギリスクラッシックの王道」をテーマとした「アフタヌーンティー」だ。

スイーツやサンドイッチの内容は時期により変更があるが、紅茶と好相性のものを取りそろえている。

特に人気のアップルパイは、食感も楽しめるよう、紅玉リンゴをごろっと大きめにカットして使用。

まずはそのまま、次にバニラビーンズとカスタードをミックスしたソースをかけて楽しんで。

La Maison Kioi(ラ メゾン キオイ)
住所:東京都千代田区紀尾井町1-2 赤坂プリンスクラシックハウス
電話番号:03-6261-1153
営業時間:ランチ 11:00〜14:30、カフェ 11:00〜22:00、ディナー 17:30〜入店21:00(L.O.21:30)、バー 18:00〜24:00
アフタヌーンティーセット:3,000円/乾杯スパークリングワイン付 3,500円(受付12:00〜16:00、L.O.90分、2時間制 ※サービス料別)
定休日:なし
最寄駅:永田町/赤坂見附




向井明美

■Model
向井 明美/Akemi Mukai

大学のミスキャンパス・ファイナリストらで構成される女子大生ユニット「キャンパスクイーン」メンバー。モデルなどで活躍中。


取材/酒井明子


※2018年1月13日現在の情報です。内容等は変更になる場合があります。



同じテーマの記事をもっと見る


「ゆるむ」おでかけ

関連記事

レッツエンジョイ東京の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索