ブガッティがブラック塗装のハイパーカー「CHIRON NOIRE(シロン ノアール)」を発表しました。2020年第2四半期に20台限定で出荷開始されます。

「シロン」は最高出力1,500ps、最大トルク1,600Nmを発生する8.0L W型16気筒4ターボを搭載したハイパーカー。0-60mph(96.6km/h)加速では2.3秒を達成しています。

今回販売開始される「シロン ノアール」はもちろん、この「シロン」がベース。車内外をブラックで統一しただけにとどまらず、ブレーキキャリパーまでブラック塗装とされました。エンブレムにもブラックエナメルが採用され、真の「ノアール」を追求しています。

「Elegance(エレガンス)」と「Sportive(スポルティブ)」の2モデルを用意。このうち「エレガンス」はグロッシーなブラック仕上げ。ボンネット、リアウィングなども艶やかなブラックとされました。

インテリアもブラックに支配されています。また、ドアシルやセンターコンソールには「NOIRE」バッジが装備されました。

「スポルティブ」はマットブラック仕上げ。キャビンを取り囲むCライン、ホイール、フロントスポイラー、グリルも、すべてマットブラックとされています。

インテリアは「エレガンス」以上にブラック。スイッチやプッシュボタン、ステアリングホイール、センターコンソールなどをブラックとすることで、スポーティな雰囲気を演出しています。

価格は最もベーシックな構成で300万ユーロ(約3億6,240万円)から。「高い!」と思うかもしれませんがブガッティは今年の3月、世界一高価なブラック塗装のクルマ「La Voiture Noire(ラ ヴォワチュール ノワール)」を発表しています。こちらの価格は1,100万ユーロ(約13億3,000万円)と「シロン ノアール」より高価な上に、発表された時点ですでに購入者が決まっていました。

「シロン ノアール」は「ラ ヴォワチュール ノワール」に手がでなかった人、または他の人に先を越されて買えなかったという人に、「世界最速」な新しい選択肢を与えてくれます。