ふかふかで分厚い!カフェ マメヒコの「円パン」が幸せの塊--とろける塩バター&あんと一緒に

ふかふかで分厚い!カフェ マメヒコの「円パン」が幸せの塊--とろける塩バター&あんと一緒に



丸くてふかふかの幸せのかたまり。「マメヒコの円パン(マルパン)」がカフェ マメヒコで提供されています。

同店は、渋谷や三軒茶屋に店舗を構えるカフェ。こだわりのコーヒーをはじめ、自家製デザートやサンドイッチなどが楽しめます。

カフェ マメヒコ三軒茶屋店
三軒茶屋店

マメヒコの円パンは、生地を丸い型に閉じ込めてひとつずつ丁寧に焼いたパン。バターとミルクをたっぷり使った「リッチ」と、全粒粉を使った「リーン」の2種類があります。価格は480円。今回はリッチを選択し、さらに塩バター(180円)と大納言あん(180円)をトッピング。

香ばしい香りとともに運ばれてきた円柱型のパン。かなり厚みがあって面積も大きめ。ほかほかのパンの上で塩バターがとろけています。この時点でだいぶ幸せ。

カフェ マメヒコ「マメヒコの円パン」
ドーン

ナイフで切り込みを入れると、想像以上にふっかふか。焼き色がついた表面はいわば食パンの耳の部分で、香ばしくサックリした歯ざわり。中の生地はきめ細かくやわらかな口あたりです。大きくカットして頬張っても口内の水分が奪われないくらい、しっとり。

カフェ マメヒコ「マメヒコの円パン」
ソファにしたら気持ち良さそう

生地そのものからミルクの甘みとコクが感じられます。そのままでも充分美味ですが、塩バターがジュワっとしみこんだ部分は思わずうっとりしちゃうおいしさ。ジャリッとした粒感の残った塩がほどよく効いて、乳のコクをさらに引き出します。バターじゃなくて“塩バター”なの大正解!

カフェ マメヒコ「マメヒコの円パン」
内側の生地にもどんどんしみていきます

さらに、こしあんのようなねっとり感と、ホクホクとした粒感が混じった大納言あんをトッピングするという贅沢。あんパンともあんトーストともまた違う、円パンならではのおいしさが楽しめます。円パン×塩バター×大納言あんとかもうね、最高だよね。

カフェ マメヒコ「マメヒコの円パン」
合わないわけがない

合わせて、店員さんおすすめの円パンに合うコーヒー「深煎りグアテマラスイート」も注文。高地でとれた高級豆が深煎り焙煎されています。価格は780円。

カフェ マメヒコ「深煎りグアテマラスイート」
カップが素敵

深いコクと芳醇な香りが印象的。後味に残るやわらかな苦みが、円パンのミルキーな風味とマッチします。ミルクもつけてもらいましたが、パンと合わせるならそのまま飲むのがおすすめ。

ひと口ごとに幸せを運んでくれる、マメヒコの円パン。次は「リーン」の円パンを食べに来ようと思います。

関連記事

おすすめ情報

えん食べ [グルメニュース]の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索