【背脂に恋して】平太周 味庵「特製らーめん」で知ったギャップ萌えの重要性--危険な香りがするのに憎めない一杯(あいつ)

【背脂に恋して】平太周 味庵「特製らーめん」で知ったギャップ萌えの重要性--危険な香りがするのに憎めない一杯(あいつ)



私があいつと出会ったのは、肌寒さが増してきたある平日の夕方。JR五反田駅から徒歩5分ほどの場所にある「平太周 味庵(ひらたいしゅう あじあん)」でのこと。

赤い暖簾をはためかせ、深い醤油の香りを周囲に漂わせていたそのお店。メニューに書かれた「濃厚」、「背脂」、「にんにく」というワードが目に入る。

JR五反田駅から徒歩5分ほどの場所にある「平太周 味庵」で「特製らーめん」
舞台「平太周 味庵」

なんだかちょっと(カロリー的)に危険な香り。いつもならば匂いだけ楽しんで通り過ぎるはずが、何故かふらふらと吸い寄せられるようにして店内へ。理由をあげるとすれば、そう、その日はいつもに比べてほんの少し危ないことをしてみたい気分だったから。

JR五反田駅から徒歩5分ほどの場所にある「平太周 味庵」のメニュー
「なんでだろう…、心惹かれる」

注文したのは、お店の自信作であるという「特製らーめん(税込830円)」。濃厚豚骨醤油スープにたっぷりの背脂をふりかけた「ラーメン(税込680円)」をさらに濃厚にし、青森産にんにくの風味を加えたもの。いわゆる“背脂チャッチャ系”。

JR五反田駅から徒歩5分ほどの場所にある「平太周 味庵」のメニュー
「君に決めた」

味の濃さや背脂の量を調節できるようだが、あえて全て「普通」に。私好みじゃなくていい、やっぱり素のままの相手を知りたいもの。

JR五反田駅から徒歩5分ほどの場所にある「平太周 味庵」での食べ方指示
「そのままの君が知りたい」

待ち合わせ(提供)までの時間は5分程度と短かった。その間、テーブルに置かれた説明書きに目を通す。「自然の万能薬・青森にんにく」、そして「背脂薀蓄(うんちく)」。今思えば、この時点で心を奪われていたのかもしれない。

JR五反田駅から徒歩5分ほどの場所にある「平太周 味庵」のにんにく説明書き
『知ってるか?青森にんにくってさ…』

JR五反田駅から徒歩5分ほどの場所にある「平太周 味庵」の背脂薀蓄
『俺、背脂の魅力をもっと沢山の人に知って欲しいんだ』

姿を現したあいつは、溢れんばかりの背脂を身にまとっていた。ゆったりとした乳白色に、軽く添えられたネギ。容器のふちについた背脂をぬぐおうともしないところに、格好つけきれない不器用さが垣間見える。

JR五反田駅から徒歩5分ほどの場所にある「平太周 味庵」で「特製らーめん」

JR五反田駅から徒歩5分ほどの場所にある「平太周 味庵」で「特製らーめん」
「きっとヤンチャな奴なんだろうな」

「あぁ、やっぱり(高カロリー的な意味で)危険なやつ。きっと、味もヤンチャに違いない」そう思いながら一口掬いあげ、心が震えるのを感じた。ほわりと舌のうえでとろける背脂はどこまでも優しく、まろやか。ふわふわと柔らかくスープに馴染み、同時ににんにくの余韻をしっかりと口の中に残していく。

JR五反田駅から徒歩5分ほどの場所にある「平太周 味庵」で「特製らーめん」
「あれ?意外と優しい…?」

少し細めのストレート麺はラーメンにしては色が濃く、しっとりと啜りやすい。スープの表面に浮いた背脂を全体に溶け込ませるよう箸をまわせば、コク深い醤油スープが姿を現す。ヤンチャな見た目なのに、(背脂が)ふっと優しくまろやかで、(醤油の味が)ぶれないところに男らしさを感じる。人もラーメンも見た目だけじゃ判断できない。大事なのは“相手を知ること”。

JR五反田駅から徒歩5分ほどの場所にある「平太周 味庵」で「特製らーめん」
「優しいのに男らしい、そんなの知ったら好きになっちゃうじゃん…」

さらに食べ進めると顔をのぞかせるのは、ほろっ&しっとりチャーシュー、黄身がとろりと溢れ出す卵、メンマ。最初から姿を見せず、あとからサプライズ的に登場する彼らが憎い。次は何が現れるのかとついつい箸を進めてしまう。

JR五反田駅から徒歩5分ほどの場所にある「平太周 味庵」で「特製らーめん」
『ほら、お前チャーシュー好きだったろ』

JR五反田駅から徒歩5分ほどの場所にある「平太周 味庵」で「特製らーめん」
『俺、黄身は半熟の方が好みなんだよ』

「普段、あまり食べないタイプだし…」なんて思っていたはずが、気づけばゴールイン(完食)。魅力的なギャップに完全にやられてしまった。ひたすらに箸を動かし続けた約15分間で、私は平太周 味庵「特製らーめん」の虜となったのだ。

塩(顔)、醤油(顔)、とんこつ(顔)。人の好みは様々だが、自分の理想を追いかけ続けてついスルーしてしまいがちな一杯がある。ラーメンの新たな魅力に出会いたければ、人は暖簾をくぐるしかないのだ。本能の赴くままに。

■平太周 味庵

住所:東京都品川区大崎4-2-2

関連記事

おすすめ情報

えん食べ [グルメニュース]の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索