OKI、テレワーク向けバーチャルオフィスシステム「ワークウェルコミュニケータ クラウド」を発売

 OKIワークウェルは、 従来のテレワーク向けバーチャルオフィスシステム「ワークウェルコミュニケータ(WWC)」をより使いやすくした新商品「ワークウェルコミュニケータ クラウド(WWCクラウド)」を開発し、1月9日から販売開始すると発表した。

 新商品は、OKIグループの特例子会社であるOKIワークウェルが、重度障害者を在宅雇用する企業や、遠隔でIT教育を行う障害者支援団体などに向けて開発したものだが、障害者に限らず、テレワークによるワークライフバランスに取り組む企業にも有効なシステムだという。

 OKIワークウェルでは、在宅勤務を進めるうえで、在宅勤務者同士やオフィス勤務者とのコミュニケーションが大切だと考え、会議システムを探していたという。従来の会議システムのほとんどは常時接続型ではなく、オフィスと同じように仲間の声が聞こえたり気軽に話しかけたりすることができなかった。そこで、2009年に独自のバーチャルオフィスシステム「WWC」を開発し、自社で活用するとともに企業へ販売してきた。

 近年、在宅勤務をはじめとするテレワークが多くの企業・団体で行われるようになり、「WWC」導入の問い合わせが増えてきたため、専用ソフトのインストールが不要で、安価で手軽に導入できる完全クラウド版となる「WWCクラウド」を開発したという。



新商品「WWCクラウド」の特徴
ブラウザ上で動作するため、クライアントソフトのインストールが必要ない。
以下の端末で動作可能:パソコン=Windows、Mac/タブレット=アンドロイド、Windows(iPadは今後対応予定)/スマートフォン=アンドロイド(iPhoneは今後対応予定)
利用料金は1ユーザーにつき月額1,000円。
仮想の大部屋と会議室(9個)があり、誰もがバーチャルオフィスに所属する。
常時接続が基本で、クリック1つで誰とでも会話が始められる。最大100名までが同時に打ち合わせをすることができる。
物理的に場所の離れたメンバーがオフィスに居るような環境を作るので、特別な労務管理を必要としない。
仲間が声を掛け合っているのが聞こえるので、孤独感がない。
実際のオフィスに居るような雑談や非公式なコミュニケーションが可能なので、働きがい向上や生産性向上につながる。

EnterpriseZine編集部[著]


関連ニュースをもっと見る

関連記事

EnterpriseZineの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索