国内外付型エンタープライズストレージ市場、2018年第3四半期は449億5,600万円で前年同期比5.6%増――IDC発表

国内外付型エンタープライズストレージ市場、2018年第3四半期は449億5,600万円で前年同期比5.6%増――IDC発表

 IDC Japanは、2018年第3四半期(7月〜9月)の国内外付型エンタープライズストレージシステムの支出額(Value)実績を発表した。これによると、2018年第3四半期の国内外付型エンタープライズストレージシステム支出額は、449億5,600万円で前年同期比5.6%増となった。

オールフラッシュアレイ(AFA)は129億2,100万円で同28.4%増

 2018年第3四半期の国内外付型エンタープライズストレージシステム支出額のセグメント別内訳を見ると、メインフレーム向けが32億9,700万円で前年同期比48.4%減、オープンシステム向けが416億5,900万円で同15.1%増となった。メインフレーム向けは2015年の大型更新のピーク以降、支出が低迷している。オープンシステム向けは、ハイエンドとミッドレンジのプラス成長が貢献した。

 外付型ストレージへの搭載メディアでは、引き続きHDDからフラッシュへの移行が進んだ。外付型の支出額のうち、オールフラッシュアレイ(AFA)は129億2,100万円で前年同期比28.4%増、ハイブリッドフラッシュアレイ(HFA)は164億5,300万円で同29.3%増となったが、オールHDDアレイは155億8,300万円で同21.2%減であった。



「AFAは成熟期に入りつつあり、シェア拡大には技術以外の差別化が必要」

 この結果、2018年第3四半期の外付型支出額に占めるAFAの比率は28.7%(前年同期23.6%)に上昇。また、外付型ストレージの売上額(Vendor Revenue)は426億9,900万円で、ベンダー別売上額の上位5社は富士通(シェア20.4%)、デル(15.2%)、日立製作所(14.7%)、ネットアップ(10.2%)、NEC(7.6%)だった。

 IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ マーケットアナリストである加藤慎也氏は、「オールフラッシュアレイは、ストレージベンダーの売上額でも四半期で100億円を超え、3割近いシェアを獲得した。AFAは成熟期に入りつつあり、プライマリーストレージの更改に際しては、AFAの採用が主流となる段階に達している。一方、ストレージベンダーがシェア拡大を狙うには技術以外の差別化が必要になるため、どのように自社のAFAをユーザーに利用してもらうか、エコシステムや提供方法などを見直すべきである」と分析している。

参考資料:国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の支出額推移、2016年第3四半期〜2018年第3四半期
(作成:IDC Japan)

EnterpriseZine編集部[著]


関連記事

EnterpriseZineの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索