東京エレクトロン デバイス、Windows 10 IoT Enterpriseによる「業務端末シンクライアント化サービス」を提供開始

 東京エレクトロン デバイス(TED)は、既存の業務用パソコンをWindows 10 IoT Enterpriseでシンクライアント化するサービス「業務端末シンクライアント化サービス」を1月10日から提供開始すると発表した。

 「業務端末シンクライアント化サービス」は、既存PCを組み込み向けOSであるWindows 10 IoT Enterpriseでシンクライアント化するもので、Windows 10の機能アップデートを適用させずOSの機能を固定したまま利用することが可能なため、リモートワーク時のバージョンアップ適用によるアプリケーション動作不能等のトラブル発生を防ぐという。

 既存PCのOSをWindows 10 IoT Enterpriseに入れ替えてシンクライアント端末にカスタマイズすることで、リモートワーク時の情報漏洩対策と、OSのバージョンアップ適用によるアプリケーション動作不能等のトラブル発生の防止を実現。HDDをSSDに変更し、メモリーの増設など既存PCの資産をいかしながらシンクライアント端末化する。

 このサービスにより、既存PCでWindows 10が動く環境であれば、導入、検証などの作業工数が削減できる。また、デスクトップ画面の変更、OS起動直後の企業オリジナルアプリケーションへの自動接続、セキュリティー対策としてのポリシー設定などにも対応する。OSの入れ替えやカスタマイズは、ファムの協力により実現される。



「業務端末シンクライアント化サービス」の特徴

 ・組み込み向けWindows 10 IoT Enterpriseにより、OSの機能を固定したままの利用が可能なため、自動機能アップデートを適用させず、リモートワーク中のトラブル発生を防止。

 ・2020年1月14日にサポート終了となるWindows 7搭載PCをこのサービスでシンクライアント化することにより、OSリリースから10年間、更新プログラムの使用が可能。

 ・汎用向けWindows 10 Pro搭載PCからWindows 10 IoT Enterpriseへの移行によるセキュア端末化のためのカスタマイズにも対応。

EnterpriseZine編集部[著]


関連記事

EnterpriseZineの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索