プライム・ストラテジー、AWS Marketplaceにおいて「KUSANAGI for AWS Business Edition」を公開

 プライム・ストラテジーは、「KUSANAGI」のエンタープライズ向けサービス「KUSANAGI for AWS Business Edition」をAWSのAWS Marketplaceにおいて有償で提供開始することを発表した。

 「Business Edition」では、「KUSANAGI」が本来もつビジネスユースに必須の「高度に強化されたセキュリティ」「パフォーマンスの高さ」はもちろん、オープンソースを利用したWebシステムをエンタープライズレベルで運用管理する際に通常必要とされる多様なソリューション利用できるという。これにより、様々なビジネスシーンにおいて運用者が安心してWebシステム、Webサイトを管理していくことが可能になるという。

 ■安心して継続的に利用できるソリューション

 「Business Edition」では、オープンソースのシステムを安心して継続的に利用できるよう、最新版WordPress 5.x系統に対する動作保証や、CentOS7のEOLまでのリポジトリからの各種アップデートに対応する。また、AWSの主要な最新インスタンスタイプへの対応など、ビジネスユーザーにとって必要な各種機能を取り揃えている。

 これらソリューションにより、「Business Edition」はビジネスユーザーの「リーズナブルにWebサービスを構築したい」「常に最新の機能を使用したい」等の高度なニーズにも応えるとしている。

 ■WordPressの簡易な導入と管理画面からのサポートに対応

 「Business Edition」では、「KUSANAGI」初期設定のための専用のプロビジョニング画面を利用でき、KUSANAGIの初回起動時にはWordPressをブラウザ上で簡易に導入することが可能。

 さらに、WordPressの管理画面上からは、WordPressやKUSANAGIの一般的な使用方法について質問を投稿することができる。これにより、エンタープライズのユーザーはWebシステムの運用環境を最速で整えることが可能となる。

 ■KUSANAGI for AWS Business Edition に含まれるソリューション一覧



KUSANAGIの提供するWordPressの高速化に対応
KUSANAGIの提供する最新版モジュールの更新に対応
KUSANAGIの提供する最新版ミドルウェアのアップデートに対応
KUSANAGI専用プラグインの同梱
KUSANAGI初回起動時の WordPress ビジュアルプロビジョニングに対応
コマンドによるWordPressのプロビジョニングに対応
コマンドによるconcrete5のプロビジョニングに対応
コマンドによるDrupal7のプロビジョニングに対応
コマンドによるDrupal8のプロビジョニングに対応
コマンドによるRuby on Rails環境のプロビジョニングに対応
データベース変更機能(MariaDB/PostgreSQL)
日本語全文検索機能(mroonga)
WAF機能(nginx:NAXSI Apache:ModSecurity)
KUSANAGI搭載WAFのシグネチャ更新
IDS機能(tripwire)
IDS/IPS機能(suricata)
脆弱性検知ツール(vuls)
Let’s Encryptに対応
monitに対応
WordPress管理画面からのサポートに対応
最新版WordPress 5.x系統に対する動作保証
CentOS7 EOLまでの、リポジトリからの各種モジュールアップデートに対応
AWSの主要な最新インスタンスタイプへの対応

EnterpriseZine編集部[著]


関連記事

EnterpriseZineの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索