キヤノンITS、テレワーク支援サービス「テレワークサポーター」に在籍状況などのシステム間連携機能を追加

 キヤノンITソリューションズは、クラウド型テレワーク支援サービス「テレワークサポーター」の機能を拡充し、顔認証技術で取得した在席状況や在席時間データのシステム間連携機能を2月1日から提供開始すると発表した。

 「テレワークサポーター」は、遠隔地での勤務時に課題となる勤務時間や仕事内容の見える化を実現するクラウドサービス。パソコン上のWebカメラから勤務者の常時顔認証を行えることが大きな特徴だという。

 この技術を利用して、在席・離席のプレゼンス状況や在席時間の自動集計が行えるほか、勤務者本人がボタン操作を行うことで記録される勤務時間データの取得が可能だ。また、勤務者が仕事内容を一覧から選択する簡単な操作だけで、仕事内容別の時間を自動集計する機能を備えている。

 新しい「テレワークサポーター」では、システム間連携機能として「WebAPI」の提供を開始する。これにより、企業の勤務管理システムなどとの連携が、簡単でスピーディーに構築可能になるという。また、顔認証情報の連携により、e-Learningなどのシステムの機能強化も可能だという。

 ■システム間連携機能で提供可能なデータ

勤務予定情報
勤務実績情報
顔認証情報(在席情報/離席情報)
なりすまし/覗き込み情報
タスク(仕事内容)実績情報
ユーザー管理データ(ユーザー、組織、チームなど)

EnterpriseZine編集部[著]


関連記事

EnterpriseZineの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索