ZenmuTech、オフラインでも安全なPC利用を可能にする「ZENMU for PC」の新バージョンを販売開始

 ZenmuTechは、データの無意味化により「情報の安全」を実現するオープン・セキュリティインフラストラクチャ「ZENMU」のWindows PC版ソフトウェア「ZENMU for PC」の最新バージョン5.0を1月22日から販売開始すると発表した。

 「ZENMU for PC」は、データを無意味化してPCの内蔵ドライブと外部ストレージで分散管理し、PCの仮想ドライブ上にデータを復元する。ファイルやフォルダは、通常のWindows操作でアクセスできるため、ユーザーは特に意識することなく、オフラインでもPCの利用が可能になる。PCと外部ストレージの接続が切れれば、PCには無意味なデータしか存在しないため、情報漏えいの心配はなくなるという。

 最新バージョン5.0では、「ZENMU for PC」のコアである秘密分散アルゴリズムを刷新した。それにより、仮想ドライブへのアクセス速度を向上し、また、安全性をそのままに、外部ストレージへの分散片の大きさを2KBから半分の1KBまで小さくした。

 現在、分散片の保管先は、USBメモリー、Bluetooth接続のスマートフォン、社内の共有サーバーなどが可能だが、1KBに縮小することで、今後、新たな無線通信や様々なウェアラブルデバイスへの対応が期待されるとしている。

 ■「ZENMU for PC」の特徴

 1. 強固なセキュリティ:PCと外部ストレージに分散。それ以外の組み合わせでは復元不可

 2. 意識しない安全確保:通常のドライブ操作でユーザーデータを安全に保管

 3. オフラインでも利用可能:ネットワーク環境がない所や通信状態の悪い所でも快適に操作できる

 4. コスト削減:高額なVDIやVPN接続などがなくても安全に利用可能

EnterpriseZine編集部[著]


関連記事

EnterpriseZineの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索