GRCS、全社的リスクマネジメントツール「Enterprise Risk MT(ERMT)」を正式ローンチ

GRCS、全社的リスクマネジメントツール「Enterprise Risk MT(ERMT)」を正式ローンチ

 GRCSは、全社的リスクマネジメント(ERM)のためのクラウドアプリケーション「Enterprise Risk MT(ERMT)」についてトライアルユーザー企業を募集し開発を進めてきたが、このたび正式にローンチしたことを発表した。

 GRCSでは、2018年10月にトライアルユーザー企業を募集し、企業が抱える全社的リスクマネジメント(ERM)に関する課題を探りながらツールの開発を進めてきたという。

 全社的リスクマネジメント(ERM)に共通する課題としては、グループ会社や海外法人など、本社から離れた場所での不正や不祥事などのリスクを把握したいものの、調査票の回収率が低く、そもそも全社リスクを把握できないといった事態などが見られるという。

 回収と集計および催促に時間を取られ、リスクの分析やコントロールの進捗管理に十分な時間をかけることができない、サイバーセキュリティ等など特定のリスクについては、より細かいレベルでのリスク対応状況の把握を行う必要があるなどの課題があがっていたという。

 GRCSは、それらを踏まえた上で「ERMT」の機能として、事業所やグループ会社別の進捗状況のレポートや、期限のアラートなど期日管理機能の強化、リスクと資産を紐付けて個々の資産での対応状況を管理できる機能を追加した。

 ■「Enterprise Risk MT(EMRT)」の特徴

 「ERMT」は、全社的リスクマネジメント(ERM)を支援するクラウドアプリケーションになる。ISO31000が求めるERMのライフサイクルに沿った継続的なリスク管理のための基盤を提供する。リスク・コミュニケーションを充実させ円滑化することで、経営の意思決定における的確なリスク情報活用を支援するとしている。

発生可能性と重大度からリスクレベルを表示

EnterpriseZine編集部[著]


関連ニュースをもっと見る

関連記事

EnterpriseZineの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索