日本オラクルは、ビームスホールディングスが店舗損益表・事業部損益表を効率的に作成し、早期に開示することを目的に、オラクルのクラウド型経営管理ソリューション「Oracle Enterprise Performance Management(EPM) Cloud」を導入したことを、1月14日に発表した。

 ビームスは、事業や業態の多様化、国内外の店舗数の増加にともなう取り扱いデータ量が増えたことや、データ量の増加とともに店舗損益表・事業部損益表の作成時間・工数が増加してきたなどの課題を抱えていた。

 今回の「Oracle EPM Cloud」導入により、これまでは表計算ソフトで行っていた店舗損益表・事業部損益表の作成業務をシステム化、省力化し、さらに報告書の早期開示、将来的なリアルタイムでの予実管理と事業部側からの予実の可視化を目指す。

 今回の導入は初期費用を抑えつつ短期間での導入が可能で、環境変化に対応しやすいため決定したという。「Oracle EPM Cloud」を採用したポイントは、以下の通り。



「Oracle EPM Cloud」は、実績豊富な「Oracle Hyperion Planning」のクラウド版であるため、製品自体の信頼性が高く、国内外で導入企業が多いことから製品機能が成熟し安定している
多種多様な商品を多軸で分析できる多次元データベースを基盤にしている
日本オラクルが東京証券取引所に上場し、自社事例を有しながら、サポート体制など日本での高い事業継続性を備えている

 従来は、店舗損益表・事業部損益表の作成が属人化していたが、「Oracle EPM Cloud」の導入によって業務が明確化され、部門内で業務の分担および引き継ぎが可能になった。また、これまでは店舗損益表・事業部損益表の作成に10日間ほどかかっていたところ、「Oracle EPM Cloud」の導入以降は作業時間が2時間程度となり、月次で損益表・収支表を開示できるようになっている。

 今後は、「Oracle EPM Cloud」によるワークフローを用いた予算策定フローを構築実行するとともに、要員・人件費をはじめとした予算管理に活用していく。

EnterpriseZine編集部[著]