【夏休み】お風呂でしゅわっと溶ける“バスボム”の作り方--材料は100均でOK♪

【夏休み】お風呂でしゅわっと溶ける“バスボム”の作り方--材料は100均でOK♪


バスボムは簡単に作れます!

バスタイムに更なるリラックスをもたらしてくれる入浴剤。筆者は子どもの頃、「バブ」をそっと手で包み込んで消えゆくひとときを見守るのが好きでした。

ところで、あのバブのように溶ける入浴剤(バスボムというそうです)は、自宅でも簡単に作れるのをご存じでしょうか?今回は100円ショップ「キャンドゥ」の公式サイトに掲載されていたバスボムを実際に作ってみたのでご紹介します!

材料(作りやすい分量)は、重曹100g、クエン酸50g、片栗粉50g、水少々。香りづけ用にお好みの入浴剤やアロマオイル(量に応じて5〜10滴)も用意しておきましょう。

入浴剤「バスボム」の作り方
すべて100均でも購入できます 掃除用の重曹やクエン酸でも大丈夫ですが、食品用の方が安心

まずは重曹、クエン酸、片栗粉をよく混ぜます。

入浴剤「バスボム」の作り方
片栗粉は“つなぎ”の役割を果たしているそう

さらに好みの入浴剤を加え、スプレーで水を5回程度ずつ入れて混ぜます。水が一か所に集中すると発泡してしまうので、スプレーでまんべんなくふきつけるのがポイント。

入浴剤「バスボム」の作り方
今回の分量では入浴剤2〜3袋

入浴剤「バスボム」の作り方
水を少しずつふきつけて混ぜます

入浴剤「バスボム」の作り方
一部はハッカ油を入れました。スーッとするので夏にオススメ

全体が少し湿って、指でぎゅっと押すと固まる程度になったら型にしっかり詰めて乾かします。シリコン製の型を使うと後で取り出しやすくなりますよ。

入浴剤「バスボム」の作り方
これくらいが目安。しゅわしゅわしたら入れ過ぎです

入浴剤「バスボム」の作り方
シリコン型(右)を使うと後で取り出しやすい

半日〜1日置き、カチカチに固まったら型から出して完成。浴槽に入れて、炭酸ガスがシュワシュワ発生する様子を楽しんでください!

入浴剤「バスボム」の作り方
カッチカチになりました

入浴剤「バスボム」の作り方
プラスチック型は出すのにちょっと苦労した

入浴剤「バスボム」の作り方
しゅわわ〜っと勢いよく溶けていきます

崩れやすいかと思いきやだいぶしっかり固まるので、子どもも失敗せずに作れそう♪様々な入浴剤や香りを使って夏休みに作ってみてはいかがでしょうか?

関連記事

おすすめ情報

えんウチ [おウチニュース]の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索