購入後はできるだけ早めに食べきりたいクロワッサン。余ってしまったり、ダイエット中だから少しずつ食べたいと思ったりしたときは、風味が落ちる前に冷凍保存すると便利です。その方法と解凍方法をご紹介します。


クロワッサンの冷凍保存方法


1.クロワッサンは1個ずつぴっちりラップで包みます。

2.保存袋に入れます。クロワッサンがつぶれないよう、サイズに余裕がある保存袋を選びましょう。

3.中の空気をできるだけ抜いてから封をします。ストローがあったらチャック部分から挿して中の空気を吸い出すと、効率よく空気を抜くことができます。

4.冷凍庫に移して保存開始。2〜3週間を目安に食べきりましょう。


クロワッサンの解凍方法&温め方


1.冷凍したクロワッサンを保存袋から取り出します。ムラなく温められるよう、10〜15分ほどかけて自然解凍しましょう。

2.オーブントースターを予熱しておきます。しっかり温めてからクロワッサンを入れて、短時間で加熱することで、クロワッサンの水分が飛びすぎるのを防げます。

3.自然解凍したクロワッサンのラップを外し、アルミホイルで包みます。油分や糖分を多く含んだパンは焦げやすいためです。

4.予熱したオーブントースターに入れて2〜3分温めます。そのまま庫内にしばらく置き、少し冷めたころに取り出します。こうすることでサクッ、ほかほかに仕上がります。

サクッとした食感とリッチな風味が魅力のクロワッサン。小さなコツを押さえながら保存&解凍し、最後の一口まで美味しくいただきたいものです。ご紹介した温めの時間はあくまで目安。クロワッサンのサイズやオーブントースターの性質にあわせて調整が必要となります。自分がベストと思える温かさ&サクッと感を追求してみてください。