サンシャイン60展望台にゾンビ出現中! 絶叫と絶景を味わう「ゾンビ防衛対策学会」に行ってみた

サンシャイン60展望台にゾンビ出現中! 絶叫と絶景を味わう「ゾンビ防衛対策学会」に行ってみた

少し涼しくなってきて、夏から秋への移り変わりが感じられる時期。さらに涼しくなれるゾンビイベントが池袋のと〜っても高い場所で 開催された。「ZOMBIE MUSEUM」のスピンオフ企画、「ゾンビ防衛対策学会 in SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」である。

昨今いたるところで出没しているゾンビ。あまりにも身近になりすぎて、『ゾンビから逃げる方法』などもさまざまな研究(?)が行われている。

しかし地上であればいざ知らず、会場は海抜251mという超高所。当然、簡単には逃げられない閉鎖空間である。ここでゾンビに襲われたら… と考えるだけでも恐ろしい。

サンシャインシティに到着し、地下から展望台直通エレベーターで一気に60階まで上がる。美しい夜景で知られる展望台。以前来た時はもっとウキウキした気分だったが、本日ばかりは躊躇してしまう。

■「ゾンビ防衛対策学会」会場にはゾンビが

今回行われる「ゾンビ防衛対策学会」も学者がゾンビを研究するためもの。日本では初めての開催となり、新たなワクチンが発表されるという。 60階を出るとすでに人だかりができていた。どうやらゾンビ防衛対策学会に参加する人たちのようだ。

学会の会場に足を踏み入れると……鎖に繋がれたゾンビがいる! うなり声をあげるゾンビを目の前にして話を聞く。なんとゾンビの鎖を持っている女性もゾンビというのだ。血まみれのゾンビに比べて、一見すると普通の人間である。これが「ゾンビワクチン」の効果だというのか。

繋がれたゾンビは来場者に対し威嚇をするように吠えるが、それでも鎖を振りほどいて襲ってくるそぶりはなかった。なるほど、これならゾンビといえども安心なのかもしれない。

次の間では、ゾンビワクチンを開発した「ドクターアオキ」の共同開発者であるという「ドクター高田」が映像で今回の学会の解説をしてくれる。

同じ空間ににはパネルも展示されており、ゾンビパニックの経緯や、ゾンビに遭遇した際の対処法、さらに全世界のゾンビパニックの深刻さについて知る事ができた。インド、中国などは人口比からいってもゾンビ化が多いのは理解できるが、アメリカ、ブラジルあたりの被害がヤバい。2020年以降の日本でも、950万人はゾンビ化してしまっている。

「ドクター高田」の解説をしばらく聞く。会場内では飲食は禁止。それはゾンビ達を刺激するのを避けるためだそうだ。またゾンビに触ってもいけない。当然、感染するのを避けるためである。ゾンビワクチンがあると言っても、やはりゾンビは危険な存在だ。

■ウィルス感染したゾンビを展示

次の間に足を踏み入れる。そこは、とても赤い空間だった。赤は危険を示す警告色だが、この空間からはゾンビに対する最大限の警戒の念が込められているように感じた。展示されているのはウイルスに感染したゾンビの部位のようだ。

部位は腐り変形してしまっている。2020年にアメリカでゾンビが発見されてから、数えきれない程の人たちがゾンビ化してしまった。その恐ろしさが、この展示だけでも感じられる。少し悪酔いしたような気分になって、部屋を出る。

美しい夜景が見られる廊下で、少し気分を回復……と思ったが、ここにもゾンビの展示がある。上半身が剥き出しで展示されていて、かなりビックリする。

となりのワクチン展示ケースの上にも腕が。ケースに入れていなくて大丈夫なのだろうか。ゾンビウイルスは空気感染・飛沫感染もすると解説パネルに書いてあったが……。

上半身がそのまま展示されているブラジルのゾンビも。背景の美しい夜景の効果か、あまり怖くは感じなかった。ゾンビを眺めていると、背後から声を掛けられる。そこにはきれいな女性が立っていた。服装からゾンビ防衛対策学会のスタッフさん?と思ったが、なんと彼女はゾンビなのだという。確かに、最初に鎖を握っていた女性もゾンビだったし、同じ制服を着ていたような……。

ゾンビと会話を交わすことができるとは、生まれて初めての経験だ。快く撮影にも応じてくれた。どこからどうみても、普通の人間にしか見えない。しかし、実際に会ってみると、声の抑揚や雰囲気から異質さを感じ取れる。

■トラブル発生! ゾンビたちが暴れ出す

なんだか異世界に迷い込んだような気分ではあったが、ここまでは平和だった。少々ビックリする仕掛けもあったが、展示も余裕をもって眺められていた。

しかし事態は急変することになる。ゾンビ防衛対策学会でトラブルが発生したのだ。今までは安全に接することができたゾンビ達が制御不能に陥った。

出現するゾンビ達に追い込まれるように、サンシャイン60展望台の中を逃げることに……。動き回るゾンビの姿。地に伏す死体。うなり声。そして彼らから逃げるべくすり抜ける際に触れる髪の感触…!

まさに恐怖が濃縮された時間だった。走り抜ければひょっとしたら数分もかからない距離なのかもしれないが、会場内は走れないためまるで数十分のように時が感じられる。

ようやくゾンビ達から逃れて、出口に到達する。そこではなんと、ゾンビワクチンをもらうことができた。あれだけゾンビがいる空間にいたのだ。ワクチンがなければ大変なことになっていたかもしれない。目玉模様のワクチン。味は甘くておいしい。恐怖の時間の後だから余計そう感じるのだろうか。

■ちょっとグロテスクでかわいいメニュー

会場を出たところは、SKY CIRCUSのカフェ&ショップになっている。今まで通り抜けてきた空間とのギャップがすごい。

ショップには、今回のイベントならではのアイテムが販売されていた。「フィンガーマン」、「ゾンビハンド」、「ボクシングペンモンスター」が購入できる。人間からもぎとった指を抱える「もぎとる君クッキー」(数量限定)  はホラー菓子で有名な中西怪奇菓子工房さんの商品だ。

そしてカフェでは「ゾンビ防衛対策学会」スペシャルドリンク&フードが食べられる。「指ドッグ」、「目玉パンナコッタ」などちょっと食べるのがためらわれるグルメが出てくる。「目玉のせ内臓スムージー」は数量限定。

せっかくなので「目玉パンナコッタ」を食べててみる……。見かけはかなりインパクトがあるが、味は良かった。黒目はビターなチョコレート。

美しい夜景を眺めながら、しばし癒しのひと時。ただし展望台内には絶えず悲鳴が響いている。「ゾンビ防衛対策学会」に足を踏み入れた参加者達の絶叫である。そんな声を聞きながら展望台から降りるべくエレベーターに向かう。出口までの道も薄暗い。角を曲がったところにゾンビがいそうで恐ろしい。

エレベーターを降りたところで、ようやく現実世界に帰ってきた気になる。ハラハラドキドキの展開がたっぷり味わえるイベントだった。カップルで訪れる人も多かったし、中には一人で挑む猛者もいるようだ。

この秋のサンシャインシティは、ホラー 水族館「あやかしの人魚」も開催され、ホラー好きにはたまらない場所となっている。このリアルな恐怖を味わいに足を運んでみて欲しい。

(取材:イベニア)

<開催期間>
2017年9月21日(木)〜11月5日(日)
各日18:00〜22:00(最終入場は21:30まで)

<開催場所>
サンシャイン60ビル60F SKY CIRCUS サンシャイン60展望台
(豊島区東池袋3-1)

<チケット>
大人1,200円、学生900円、大人ペア2,200円、学生ペア1,700円

・「ZOMBIE MUSEUM ゾンビ防衛対策学会チケット」での再入場はできません。
・施設内での写真撮影はご遠慮ください。
・このイベントは、ウォークスルー型のため逆走は禁止させていただきます。
・施設内にはグロテスクな表現、恐怖・嫌悪・苦痛・過度なストレス等を感じさせる演出があることをあらかじめ了承し、
これにより起きる可能性のある体調の変調や、私物等の汚損については、当社は一切の責任を負いません。
・グロテスクな表現および行為が苦手な方は、年齢に関わらず体験をおすすめしません。
※その他HPで詳細を確認すること

関連記事

おすすめ情報

イベニアの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索