「ドンドン!」「ゴゴゴ…」行動がオノマトペ化する空間が銀座に出現

「ドンドン!」「ゴゴゴ…」行動がオノマトペ化する空間が銀座に出現

マンガ表現を「読む」ものから「体感する」アートへ変換し、現代のアートのあり方を提案するプロジェクト「マンガ マッピン!」。ネイキッド×コルク×エイベックス初の共同プロジェクトとなる本プロジェクトの活動第一弾として、アート作品を発表する。

テーマは、マンガの中で登場人物たちの心理状況や状況説明を臨場感をもって伝える表現
「onomatopee(オノマトペ)」。

「雨が降る表現」ひとつつとっても様々なオノマトペが存在するように、日本におけるオノマトペ表現は、日本人の繊細な感受性によって開発されてきた作品に臨場感を与える非常に重要な視覚表現と言える。

静寂や無音を表す「シーン」というオノマトペは、手塚治虫が発案した表現と言われており、日常会話でも使用されているなど、オノマトペは、リアルでの私たちのコミュニケーションにも多大な影響を与え続けている。

本作においては、音を描き文字で平面化した視覚表現であるオノマトペを、平面から立体へ再変換。体験者の言動が5パターンのオノマトペ表現として、また音の大小によって映像のサイズも連動し、空間に現れる。体験者たちの言動がオノマトペ化することによってその空間の音楽が完成していき、自分の行動がマンガ表現化される空間を体験者が楽しめる。

オノマトペを立体化するにあたって、音のクリエイションを、気鋭のサウンドクリエイターSam Is Ohm氏が手掛けることが決定。様々なカルチャーを融合させた時代感覚をもつ次世代のサウンドプロデューサーとして注目される、Sam is Ohm氏が解釈するオノマトペ表現にも注目しよう。


◆作品名
onomatopee(オノマトペ)

◆日時
2017年11月25日(土)、26日(日)
11:00〜21:00

◆料金
無料
※満20歳以上の方のみ入場可能。
20歳未満のお客様はご入場いただけませんので、予めご了承ください。

◆場所
Basement GINZA(Ploom Shop銀座店 地下1F)
l※NO SMOKING, Ploom TECH ONLY. 会場内はプルーム・テックのみ使用可能です。

◆企画・演出・制作
NAKED Inc.

◆協力
エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社松本企画

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。

関連記事

おすすめ情報

イベニアの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索