「発掘された映画たち2018」貴重な映画を上映

「発掘された映画たち2018」貴重な映画を上映

【発掘された映画たち2018 Cinema: Lost and Found 2018】

東京国立近代美術館フィルムセンターにて1月30日(火)から3月4日(日)まで、「発掘された映画たち」が行われる。同企画の開催は4年ぶり。

この企画では、初めてその全体像が明らかになった“皇太子渡欧映画”(1921)や、現存する最古のコマ撮りアニメーション『なまくら刀(塙凹内名刀之巻)』(1917)の新最長版、17.5mmやコダカラーといった「短命映画規格」のフィルムを多く含む阿部正直コレクション、望月優子や池部良が監督した知られざる独立プロ作品が紹介される。

また、無声映画期の染色・調色をデジタル復元した『コルシカの兄弟』(1915)、アグファカラーの色の歴史的再現を目指した小津安二郎監督『浮草』(1959)のデジタル復元版、映画公開時の色味を再現した『セーラー服と機関銃 完璧版』(1982)の再タイミング版など、復元作品を含む、計30プログラム・89本の作品を上映。

<見どころ>
■“皇太子渡欧映画”(1921)の全貌が初めて明らかに
裕仁皇太子(後の昭和天皇)が渡欧した際に製作され、当時大きな話題となった記録映画の場面を新発見。


■『なまくら刀(塙凹内名刀之巻)』(1917)の新最長版
現存する最古のコマ撮りアニメーション『なまくら刀』に、さらに新しい場面が見つかった。

■「阿部正直コレクション」
17.5mm フィルムやコダカラー作品など、映画史において特定の時期に存在した「短命映画規格」フィルムを多く撮影し残した、“雲の伯爵”こと阿部正直(1891-1966)のコレクション。

■「カラー復元特集」
文献を基に、染色・調色をデジタル・シミュレーションした『コルシカの兄弟』(1915)、『セーラー服と機関銃 完璧版』(1982)の再タイミング版、公開当時のフィルム・データを参照して小津作品のアグファカラーの色を再現した『浮草』(1959)。

■「復元された弁士説明版」
6mm テープに残された往年の弁士の説明音声を、HD データと合成し復元。

■貴重な記録映画
野田醤油(現・キッコーマン)、鈴木商店(現・味の素)、そして第 27 代首相・濱口雄幸(1870-1931)の実写記録映画。

■名優の独立プロ監督作品
『ここに生きる』(1962、望月優子監督)、『ヴェトナム戦争』(1967、池部良監督)、名優たちによる監督作品。

■可燃性オリジナルネガからのダイレクトプリント
現在ほとんど残っていない可燃性オリジナルネガの中から、『たそがれ酒場』(1955、内田吐夢監督)など 1950 年代の新東宝を代表する 7 本の作品について、階調豊かでシャープな画質のニュープリントを作製した。

<会期>
2018年1月30日(火)〜3月4 日(日)
※月曜日は休館

<会場>
東京国立近代美術館フィルムセンター 大ホール(2 階)

<チケット>
■当日券
・一般 520 円
・高校・大学生・シニア 310 円
・小・中学生 100 円
・障害者(付添者は原則 1 名まで)とキャンパスメンバーズは無料

■前売券
1月16日(火)10:00〜、チケットぴあにて全上映回の前売券(全席自由席・各100席分)を販売。
※各上映の前日23:59まで販売。[P コード:558-034]

・一般 520 円
・高校・大学生・シニア 310 円/小・中学生 100 円
・購入方法や発券手数料等の詳細はHPで確認

<開映時間>
作品により異なる

<会場>
東京国立近代美術館フィルムセンター 2階大ホール

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。


関連記事

おすすめ情報

イベニアの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索