ワキだらけの「腋フェス」で何かに目覚めた話

ワキだらけの「腋フェス」で何かに目覚めた話

「腋(ワキ)って不思議なパーツなんですよ。(日本の)成人女性の多くは日々処理で接しています。しかし、逆に男性の多くは自らの腋にほとんど関心を持っていない。男女双方の体にあるのに、とらえ方の差が大きいパーツなんです」

このような深い話を聞けたのは「腋フェス」。板橋の「カフェ百日紅」さんで7月2日(月)まで開催の、腋をテーマにした作品展です。取材日には主催者のくれいんえいとさんもいらっしゃったので、お話を聞きました。過去にはおっぱいとお尻をテーマとした「双丘展」、脚をテーマとした「腿脚足展」なども開催しています。

「必ずしもパーツ縛りだったわけではないのですが、次のテーマは何を?と考えた時に『腋』は面白いのではないかとなりました。まずこれまでありそうでなかったテーマかなと。加えて、決してマイナーなものではなく、フェチなかたもいらっしゃる深いジャンルだと思います」

ちなみにこの時点での筆者の気分は「まあ好きな人はいるだろうけど、自分はそこまで惹かれないかな〜」という感じでした。

■バラエティに富んだ「腋」作品

では作品を見ていきましょう。「腋」というテーマで各アーティストから作品を募集し集まった23点が展示されています。

・Ma marumaru さんの作品は肉感的な絵画。ボディからの強い色気を感じさせられます。上品なご婦人から「ステキな肉体」とのお言葉もあったとか。

・巡(めぐる)さんは、腋を出したセルフ緊縛ポートレート!(お見せできないくらいスゴイです)また緊縛テーマのアクセサリーも出されており、初日からファンが購入しに来たそうです。

・病さつきさんは美少年の腋を作品に。腋フェスなので、女性だけでなく男性の腋ももちろんありますよ。無防備な少年の腋から耽美的な雰囲気も漂っています。

・あさごみ.333さんは、腋を見せているぽっちゃり人魚のアクセサリー。妖艶な作品に囲まれながら、オシャレでほっこりとさせられる腋です。

・まゆすみえさんの作品は水墨画。風流なモノクロの世界と、腋を見せる女性の姿とが見事にマッチ。

・むとうさんの作品はポップながらもアンニュイ感が漂う腋。

・考える穴さんの作品は、これまでの中では珍しくわずかに毛が生えている腋。

・MOWARKさんの作品は大胆に腋を剃っているカット(ステッカーもあります)。

自分としてはつるつるの腋もいいけど、毛穴や少し毛があったほうが人間らしさを感じて好きかもしれないな〜。あれ? あまり腋に興味がなかったはずの筆者、いつの間にか腋評論をしていました。

主催のくれいんえいとさんが作られた「腋卍双六」は、おみやげとしても販売されていました。すごろくに記載されている“腋おにぎり”について尋ねたところ「腋のくぼみでおにぎりを握るという芸術があって……」とのお話。うーん、そこまではついていけないけど、深い!

また、腋をテーマとした写真集も発売。セクシーさを感じるものもあれば、チラリズム的なものもあります。

■普段絶対に聞けない腋トーク

開催日時によっては、アーティストさん・モデルさんが来場することもあります(主催のくれいんえいとさんのTwitterなどで予定をチェックできます)。

取材日には、鉄観音サワラさんが在廊。実は、腋というテーマはくれいんえいとさんとサワラさんの会話の中から浮かんできたのだとか。男性の自分が普段絶対に聞けない女性の「腋」マインドについて、クリエイターと被写体の立場から、いろいろ話してくれました。

鉄観音サワラさん「元々アバラや膝裏など人体の窪みが好きで、改めて考えて『腋が好きかも!?』と気付きました。何かのパッケージで毛の生えたボーイッシュな腋を見て、めっちゃドキドキする、惹かれる! と感じてから、腋を意識するようになりました」

ちなみに女性同士で腋の話などをするか聞いたところ、話す機会はまずなく、お互いに触れないような感じとのこと。なるほど、女性同士であっても神秘的な場所なんですね。

鉄観音サワラさん「またモデルの中でも、ヌードOKでも腋メインはNGというかたは多いです。着替え部屋でも、お胸のあたりはフリーな方も多いですが腋は隠してます。抵抗感のある分野かもしれないですね」 

いわゆる性的な部位ではないハズですが、それ以上に羞恥心の対象になるとは! 実際にくれいんえいとさんも腋見せOKのモデルさんが少なく、大変苦労したそうです。では腋を見せる行為について、サワラさんはどう捉えているのでしょうか?

鉄観音サワラさん「処理がしっかりしていれば大丈夫かなと思うことはありますが、私も好きな部位ですし、お好きなかたもいらっしゃるので『これでよろしければ』という感じです(笑)」

なるほど。では、処理をしないナチュラルな状態はどうでしょう?……って、何をツッコんで聞いているんだ、僕?

鉄観音サワラさん「本来は処理したくないのですが、世間の圧力に屈して(笑)処理していますね。腋にこだわりがない方にとっては、基本処理するのが好ましいとされていますので。私としては未処理が好みなので、海外の方の腋に『いいな、これは!』とドキドキしたりもします」

そこから話は発展し「最近は腋の永久脱毛が安くなり若い子にも増加中」、「腋フェスとしては腋OKのモデルすら少ない中での、未処理OKは厳しかった」、など腋トークは尽きることがありません。

【次ページ:「わきグルメ」を味わう】


関連記事

おすすめ情報

イベニアの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索