しながわ水族館に「危険ないきもの」集合

しながわ水族館に「危険ないきもの」集合

しながわ水族館にて月3月16日(土)〜5月6日(月・振休) まで、「しな水の危険ないきもの大集合  通(2(ツー))〜これであなたも危険ないきもの通〜」が行われる。

2018年春に実施した人気企画「海の危険ないきもの大集合〜マジでやばい生物(やつら)たち!!〜」の第2弾として開催される。

海や川に生息する危険な生物がテーマ。夏の海水浴や川遊びの時期を前にして、様々な危険生物が存在することを紹介し、楽しみながら学べる展示内容となる。

危険な毒針 をもった生物、食べると危険な毒を体内にもつ生物、刺されると危険なトゲをもつ生物、咬まれると危険な歯を持つ生物など全部で約50種を紹介していく。水族館の人気者であるペンギンの鋭い嘴(くちばし)、アシカやアザラシの強靭な顎(あご)、叩かれたらひとたまりもないイルカの尾鰭(おびれ)の力などについて知ることができる。

さらにワークショップやクイズラリーも実施予定。

また、レストラン ドルフィンでは期間限定メニュー(1日10食)を提供。激辛の「トマトの鉄鍋リゾット」や、しびれる美味しさの「土鍋の麻婆豆腐膳」を味わえる。
※4月27日(土)〜5月6日(月・振休)は販売を休止。


◆展示生物
スベスベマンジュウガニ(中毒)、アカザ(刺毒)、ムラサキイガイ(中毒)、オオクチイシナギ(中毒)、イガグリガ ニ(トゲ)、アカクラゲ(刺毒)、マダラサラマンドラ(防御毒)、アカテンコバンハゼ(防御毒)、アンボイナ  (刺毒)、ツノダルマオコゼ(刺毒)、ソウシハギ(中毒)、ムカデミノウミウシ(盗刺胞)、シビレエイ(電気)、 オオマルモンダコ(咬毒)、オウゴンニジギンポ(毒牙)、キハッソク(防御毒)、ブルーカンディル(咬傷)など ※()内は危険な要素となります。 
※ 状況により展示生物は変更になる場合がございます。 

◆日時
2019月3月16日(土)〜5月6日(月・振休)  
10:00〜17:00(4月27日〜5月6日は9:00開館)  ※最終入館は16:30  
休館日 火曜日(春・夏・冬休み・GW、祝日は営業)、1月1日

◆場所
しながわ水族館 地下 1 階 多目的ホール
 (東京都品川区勝島3丁目2−1)

◆料金
大人(高校生以上)1,350 円、こども(小・中学生)600 円、幼児(4 才以上)300 円、 シニア(65 才以上)1,200 円 ※金額は全て税込 

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

イベニアの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索