「魚ジャパンフェス2020(第2回 SAKANA & JAPAN FESTIVAL 2020)」が、2020年2月28日(金)から3月1日(日)まで、東京・代々木公園にて開催される。

「魚ジャパンフェス2020」は、毎年11月に日比谷公園で開催されている日本最大級規模の魚介料理イベント「ジャパンフィッシャーマンズ フェスティバル」のスピンオフイベントとして、2019年から開催されている企画。2020年は、約80のブースに約250種のメニューを取り揃え、より広い会場を使い来場者向け座席数を増やして、ゆったりとした空間で魚介の魅力を伝える。

注目は「ジャパンフィッシャーマンズ フェスティバル」でも人気を博す定番メニュー。白子、あん肝、カキを贅沢に使用した痛風屋の「痛風鍋」や、北海道直送海鮮問屋の「市場直送生うにいくら丼」、三次水産牡蠣養殖場の「能登かきガンガン焼き」などを味わうことができる。

初出店となる下関の老舗、料亭古串屋の「下関三海の極 ふくうにづくし」も見逃せない。タベアルキスト・マッキー牧元の監修により、下関のフグ、ウニ、サワラなどを詰め込んだ贅沢な弁当となっている。

予約が取れない人気店、飯田橋ロベルトは「越前がにとかに味噌のカサレッチェ」を引っ提げ初出店。越前のカニ漁師から直接仕入れたカニを、カニ味噌まで贅沢に使い、味なじみの良いショートパスタに絡めている。

【詳細】
魚ジャパンフェス2020(第2回 SAKANA & JAPAN FESTIVAL 2020)
開催期間:2020年2月28日(金)〜3月1日(日)
開催時間:28日 11:00〜20:00/29日 10:00〜20:00/3月1日 10:00〜18:00
会場:代々木公園(渋谷区代々木神南2-3) イベント広場
入場料:無料
購入方法:電子マネー(nanaco、Suica、PASMOなど)または商品購入チケット(現地発売)※払い戻しは不可
※会場内はnanacoのチャージ可能
メニュー例:
・痛風鍋(痛風屋)
・下関三海の極 ふくうにづくし(料亭古串屋)
・越前がにとかに味噌のカサレッチェ(飯田橋ロベルト)
・市場直送生うにいくら丼(北海道直送海鮮問屋)
※メニュー・写真等はイメージ
※出店店舗は変更になる可能性がある