「台湾祭 in 横浜赤レンガ」が、2020年3月18日(水)から22日(日)まで横浜赤レンガ倉庫で開催される。

台湾祭は、本格グルメや台湾夜市の定番・屋台ゲームなど、台湾文化を体感できるイベントだ。目玉となるのは、台湾各地から集めた夜市の人気グルメ。豚肉餡を包んだ焼き小籠包風の「生煎包(シェンジェンパオ)」や、とろみのある台湾おこわとカニのスープ「油飯・螃蟹羹(ヨウファン・パンシィエゲン)」、台湾式ホットドック「大腸包小腸(ダーツァンバオシャオツァン)」などが集結する。

また、肉まんのようなふわふわ生地で、豚の角煮やピーナッツパウダー、パクチーなどたっぷりの具材をサンドした「刈包(グゥアバオ)」など、ボリューム満点のメニューも登場する。もちろん、牛肉麺や魯肉飯などの定番メニューも用意。

夜市グルメを満喫した後は、台北の占い師による運勢占いや屋台ゲームなどにトライして、台湾カルチャーを思う存分に楽しむのがおすすめだ。

【詳細】
台湾祭 in 横浜赤レンガ
開催期間:2020年3月18日(水)〜22日(日)11:00〜22:00
※雨天決行
※ラストオーダーは終了時刻の1時間前。
場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場 特設会場(屋外)
住所:神奈川県横浜市中区新港1-1
料金:入場料800円、小中学生500円※未就学児無料
※入場券に、オリジナルエコトートバッグ、パイナップルケーキ、台湾産高級黒ピーナッツ付き。