「ニコライ・バーグマン フラワーボックス 20周年展覧会」が、東京・福岡・京都で開催。2020年4月25日(土)から4月27日(月)まで東京・表参道ヒルズ スペース オーで開催された後、福岡・太宰府天満宮、宝満宮竈門神社、京都・清水寺、東京・六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー スカイギャラリーで順次実施される。

過去20年間のフラワーボックスが集結

「ニコライ・バーグマン フラワーボックス 20周年展覧会」は、ニコライ・バーグマンがこれまでに作った100種以上のフラワーボックスを一同に展示する展覧会。ニコライ・バーグマンのアイコンである黒いフラワーボックスをはじめ、季節限定デザインやブランドとのコラボレーションデザインなどを紹介する。

アーティストとのコラボ作品や体験型展示も

会場には、ニコライ・バーグマンが敬愛するアーティスト、クリエイター、著名人とのコラボレーション作品も登場。アーティストらがフラワーボックスに着想を得てデザインしたボックス&作品に、フラワーアレンジメントを施したアート作品を披露する。

また、各会場の空間を活かした、そこでしか見られないフラワーインスタレーションや体験型コンテンツも展開する。

フラワーボックスの誕生秘話

「ニコライ・バーグマン フラワーボックス 20周年展覧会」は、フラワーボックスの誕生20周年を記念して開催されるもの。フラワーボックスは、とあるブランドからの難しいオーダーから誕生した。

そのオーダーとは「プレスイベントで600個のフラワーギフトをお客様にお渡ししたい。ただ、ギフトを置くスペースがなく、重ねて置けるもの」という内容。フラワーアレンジメントを箱に入れるも、コストが合わず、試行錯誤を重ねた上でひねり出したアイデアが、箱に直接花を敷き詰めることだった。

こうして誕生したフラワーボックスは、20年の時を経た今でも、多くのファンに愛されている。

【詳細】
ニコライ・バーグマン フラワーボックス 20周年展覧会
・第1回
日時:2020年4月25日(土)〜4月27日(月) 11:00〜20:00
場所:表参道ヒルズ スペース オー(東京都渋谷区神宮前4丁目12番10号 本館B3F)
入場料:1,200円/前売り1,000円(税込)
・第2回
日時:6月18日(木)〜6月21日(日)
※18日・19日は9:00〜17:00、20日・21日は9:00〜20:00
※上記の開催時間は太宰府天満宮・宝満宮竈門神社共通。(宝物殿は下記の時間)
場所:太宰府天満宮(福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号)
宝満宮竈門神社(福岡県太宰府市内山883)
日時:6月18日(木)〜7月26日(日) 9:00〜16:30 ※月曜日休館
場所:太宰府天満宮 宝物殿(福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号)
・第3回
日時:9月25日(金)〜9月27日(日) 9:00〜17:00
場所:清水寺(京都府京都市東山清水1丁目294)
・第4回
日時:11月20日(金)〜11月30日(月) ※時間は後日発表
場所:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー スカイギャラリー(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52F)
チケット販売:チケットぴあ(Pコード:992695)
※表参道ヒルズのみ発売開始。その他3会場は、追ってスペシャルサイトにて発表。

【問い合わせ先】
ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン
TEL:03-5464-0716(平日10:00〜18:00)