神奈川県厚木市の地ビールメーカー「サンクトガーレン」から、本物の桜の花と葉で風味付けをした季節限定ビール「サンクトガーレン さくら」が登場。2020年2月20日(木)から4月中旬まで発売される。

長野の八重桜を塩漬けに

原料に選ばれた桜は、「さくら名所100選」にも選ばれている長野県伊那市高遠の八重桜。毎年ゴールデンウィーク前後に行われる収穫に、今年はサンクトガーレンのスタッフが参加し、自分たちの手で桜を塩漬けにした。

桜の風味を引き立てて

そんなこだわりの桜の花と葉を使用したビールは、その風味豊かな味わいを引き立てるためにも、ビールの苦味や香りのもとになるホップの使用を抑えているのが特徴。また1回の仕込みに八重桜60Kgを使用する贅沢仕様で、まるで香りも味わいも“桜餅”のような仕上がりとなっている。

酒米で甘みをプラス

さらに通常のビールの原料となる大麦麦芽だけでなく、小麦麦芽もプラスすることで柔らかな口当たりも実現。神奈川県海老名市の泉橋酒造で栽培された酒米 “楽風舞"も追加し、お米のふくよかな甘みを加えることで“道明寺の桜餅”を目指した。日本の春を感じさせるビールは、お花見シーズンにもぴったりだ。

詳細

「サンクトガーレン さくら」330ml 460円+税
公開日:2020年2月20日(木)〜4月中旬
原材料:麦芽、ホップ、米(酒米)、桜(花と葉)
販売場所:京王百貨店新宿店、西武池袋本店、東急百貨店本店、伊勢丹立川店、イオンリカー一部店舗、公式ネットショップ

【問い合わせ先】
サンクトガーレン
TEL:046-224-2317