「パメーラ・ジューン・クルック展」諸橋近代美術館で、キング・クリムゾンのジャケットで知られる芸術家

「パメーラ・ジューン・クルック展」諸橋近代美術館で、キング・クリムゾンのジャケットで知られる芸術家

現代アーティスト、パメーラ・ジューン・クルックの個展「Dear Ms.Crook〜パメーラ・ジューン・クルック展〜」が、2018年7月8日(日)から10月21日(日)まで、福島・諸橋近代美術館にて開催される。

パメーラ・ジューン・クルック(1945〜)は、英国生まれの現代アーティスト。変形カンヴァスを効果的に活用し、額縁にまで画面を拡張させて描く独創的な手法で知られる。1996年にイギリスのプログレッシブロックバンド「キング・クリムゾン」のリーダーであるロバート・フリップと知り合って以降は、度々CDジャケットのカバーアートに彼女の作品が使用されており、その世界観が世界的に広まっていく1つのきっかけとなっている。

その一方で、諸橋近代美術館の創設者でコレクターの諸橋廷蔵(1932年〜2003年)が作品を購入した経緯も運命的なものであり、クルックの名が世に知れ渡る大きな要因となっている。1995年に美術館創設に向けた作品購入のためフランス・パリに赴いていた諸橋は、偶然クルックの展覧会に立ち寄り、展示されていた全ての作品を購入。この偶然の出会いがクルックと諸橋近代美術館の友好関係の始まりであり、これらの作品は、美術館の創設時に諸橋からサルバドール・ダリをはじめとする近代絵画とともに寄贈されている。

国内では5回目のクルック回顧展となる本展では、同館が所蔵するクルック作品全31点を一堂に展示。この中には、2016年の企画展「ハロー、クルック 〜共感する記憶〜」開催をきっかけに新たに寄贈された4点の版画作品や、また同展で好評を博し新たに購入された、最新作を含む4点の絵画も含まれる。

会場では、クルックが前述の諸橋廷蔵と出会った「1995年」、国内で初のクルック回顧展が開かれた「2001年」、新作を迎えた4回目のクルック回顧展が開催された「2016年」という、同館とクルックの深い関係性を象徴する3つの年度を大きなテーマとし、彼女の作品の全貌を紹介する。

【開催概要】
「Dear Ms.Crook〜パメーラ・ジューン・クルック展〜」
開催期間:2018年7月8日(日)〜10月21日(日)
会場:諸橋近代美術館(福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯1093番23)
時間:9:30〜17:30 ※入館は閉館30分前まで
観覧料:一般 950円、高校・大学生 500円 中学生以下 無料
※20名以上の団体料金は各50円引き。
※教育施設対象の観覧料免除制度あり。(要事前申し込み)
※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の所有者と付添い者1名は無料。

関連記事

ファッションプレスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索