サルヴァトーレ フェラガモ 2020春夏ウィメンズコレクション - 青空の下、気品を増す軽快なリズム

サルヴァトーレ フェラガモ 2020春夏ウィメンズコレクション - 青空の下、気品を増す軽快なリズム

サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)の2020年春夏ウィメンズコレクションが、2019年9月21日(土)にイタリア・ミラノで発表された。

レザーの多様性が生む軽やかな気品

雲一つない快晴のもと発表されたサルヴァトーレ フェラガモのクリエーションは、今季も気品に溢れている。トップを飾ったのはレザーのバルーンスカートと、バックレングズが極端に短い背中が大きくあいたリブニットトップ。コートには、大きくスリットを施すことで、身体に連動する動きをもたらした。

レザーを用いるテクニックは、今季も探究心に溢れていて、スポーティなフード付きアウターから、実用的なオールインワン、そしてクリアソールのサンダルにあわせた靴下までもを上質なレザーで表現している。ランウェイを経て多彩な表情になっていき、それらはレザーであることを忘れさせるくらいの軽やかさをもつ。

レザーとともに提案する春夏らしさは、ストライプのテキスタイルやシースルーの素材から読み取れる。特に後半に登場したジャケットやコートは、背抜きの重なりまでが透けて見えて、それがまるで装飾物かのように振る舞っている。クロッシェニットのドレスやトップスは、クラフトの温かさとリゾートムードへの高揚を生むワンルックとなった。

ともに登場した気品にあふれるテキスタイルも重要で、神聖な彫刻を描いたプリントのシャツや、フロッキーの光沢あるドレスなどが、春夏らしい軽やかなランウェイに重厚感を与える。それらを乗せたのは、キャミソールドレスやカジュアルシャツがベースだからか、今回の軽快なリズムを崩すことはない。

足元には、ヴァラ・リボンをあしらったポインテッドトゥのフラットパンプスも登場している。リボンの中央部分を金具ではなく、すべてレザーにしたことで、柔らかなデザインへとシフトし、よりさり気ないエレガンスを演出した。バッグも豊富で、ヴァラ・リボンと同じくブランドのアイコンとなっているガンチーニをあしらったミニマルな新作を展開している。


関連記事

ファッションプレスの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索