オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)の2020-21年秋冬メンズコレクションが、フランス・パリで2020年1月15日(水)に発表された。テーマは「TORNADO WARNING」。

タップダンスと共にショーが幕開け

タタン、タタン、タタン…と打ち付けるような音が響く。トンカチやノコギリなどで日曜大工をしているような音だ。音の先に目を向けると、柔らかなヴェールの奥で、ぼんやりとシャンデリアの優しい灯りが灯っている。がらりとヴェールが剥がされると、立っていたのは1人のタップダンサーだった。

鮮やかロゴのTシャツにロングパンツ。ダンサーとは思えぬカジュアルウェアの彼は、自由気ままにランウェイの中を踊りまくる。ダンスパフォーマンスと共に今季のショーは幕開けだ。

“穴開き”のポップテーラード

先陣を切ったのは、ヴァージル・アブローが仕立てたテーラードである。誠実なグレーカラーのダブルブレストジャケットとスラックスのコンビだが、ボディの至るところにまん丸な穴が開いていて、クラシックをただなぞるのではなく、ポップなアイデアを盛り込んでいることがわかる。

ブラック、ブラウン、グレーなど男性的で落ち着きのあるカラーで仕上げたスーツが続く。派手なモチーフが施されたりはしないが、ラペルの一部分がえぐれたようにカットアウトされたり、テクニカル素材を使用したり斬新な取り組みが施されている。

定番の白シャツもシャーリングリボンを全面にあしらって、アシンメトリーなシルエットに。胸元にはブランドロゴを大胆に配した。

コレクションが進むにつれて、定番服へのモダンなアプローチも強さを増す。ワインや工具のモチーフをボディ全体にプリントしたり、レッド、グリーン、イエローなど、パンチのあるカラーで紳士服を彩ったりしている。スニーカー&キャップでコーディネートすれば、いつしかクラシックな雰囲気を忘れ、ストリートスタイルのようにも見えてくる。

バリエーション豊富な秋冬ニット

また、ニットも今季は多く見られた。ブランドロゴを大胆にバッスタイルに配したポンチョをはじめ、ミックスジャカードのロングガウン、タートルネックなどを起用。スーツ同様に穴の開いたデザインを取り入れたロングカーディガンも、展開されていた。

なお、テーマとなったWARNINGを想起させるイエローの注意ロゴは、プリントニットのモチーフとして登場している。