ランバン(LANVIN)の2020-21年秋冬コレクションが、2020年1月19日(日)フランス・パリで発表された。テーマは「ビーチバード」。

海のモチーフで爽やかに

コレクションを象徴する、海や鳥を感じさせるモチーフ。トレンチコートには、ペイントタッチで涼しげな海や優雅に空飛ぶ海鳥が描かれ、純白ニットには、大空を飛ぶ鳥たちとそれを見つめる男性の姿が描かれている。海のように真っ青なレザージャケットの下には、海兵を主人公にした漫画タッチのイラストをあしらったフーディトップスを仕込んでいる。

海から派生しているのか、コレクションにはマリンテイストをアレンジしたピースも見られた。Pコートの襟部分を大きく開いたようなコートは、デフォルメされた襟部分が別色になっていて、従来のPコートよりポップな表情。ボーダーニットとカーディガンの2ピースは、大ぶりなスパンコールでデコレーションされている。

ボディラインに触れないゆったりフォルム

シルエットは、ドレスやコートなどどれもフレア。フリルたっぷりの総柄ドレスも、重心を下においた後ろ下がりなシルエットで、波のようにゆらゆらと揺らめいている。

メンズジャケットは、身幅をたっぷりとったゆったりとしたフォルム。アームラインは腕の形を無視したようにルーズで、膝の位置から大きく四方に開いたものもある。中には、肩は落ち、ボディそのもとのも膝位置まで伸び切ったものも。

均衡のとれないアンバランスな着こなし

コーディネートはどれも違和感を感じさせるほどアンバランスだ。クラシックなジャケットやシャツスタイルに、ドット柄やストライプ模様のニット帽をあわせていたり、大ぶりなネックレスをあわせていたりする。足元のスニーカーもシューレースが非常に太く、カラフルな色彩を取り入れている。

ドラマティックなケープドレスも、パーティバッグのような小ぶりなアクセサリーで揃えているのに、足元にはぶかぶかなブーツをバディのように何度も組み合わせている。