リーボック(Reebok)のスニーカー「クラブ シー(CLUB C)」より、発売35周年を記念した新作モデルが登場。2020年2月から4月にかけて順次発売する。

リーボックの“裏定番”スニーカー「クラブ シー」

「クラブ シー」は、「クラブ チャンピオン(Club Champion)」をはじめとする4型のリーボックのテニスシューズをベースにした一足。現在では、「インスタ ポンプ フューリー(Instapump Fury)」や「ベンチレーター(VENTILATOR)」など数々のアイコニックなスニーカーを手掛けるリーボックにおいて、テニスプレイヤーのみならず多くの人から支持を得る“裏定番”モデルとして確固たる地位を築いている。

特徴は、すっきりしたシルエットのミニマルなデザイン。リーボックのロゴを配し、無駄な装飾を省いたシンプルなアッパーは、どんなスタイルにもフィットしてくれる。

また、頑丈な高級天然皮革を素材に採用した高い耐久性もポイント。その他、高いフィット感、優れたグリップ性能で快適な履き心地を実現するなど、普段使いに最適なモデルとしての機能を兼ね備えた。

発売35周年を記念したアニバーサリーモデルが登場

そんな「クラブ シー」の発売35周年を記念し、2020年春夏シーズンには新作モデルが複数登場する。なお、全てのモデルがユニセックスのサイズ展開となる。

クラシックホワイトのレトロチックなモデル

3月にはレトロな雰囲気を感じさせるクラシックホワイトをベースカラーにしたモデルが登場。アクセントとして、通常の「クラブ シー」には無いタブを側面に配した。

レッドやイエローのポップなカラーを取り入れて

4月にはレッドやイエロー、グリーンをカラーパレットに取り入れたモデルが発売する。ホワイトやブラックをメインにしたベーシックなカラーリングが多い「クラブ シー」のモデルの中でも一際目を惹く、ポップな印象に仕上げた。

【詳細】
クラブ シー 発売35周年アニバーサリーシリーズ
販売店舗:
・リーボックストア渋谷
・リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE、ダイバーシティ東京プラザ、あべのHoop、ららぽーと立川立飛、横浜ビブレ、ららぽーと名古屋みなとアクルス)
・リーボック フィットハブ(ららぽーとEXPOCITY、博多キャナルシティオーパ)
・リーボック オンラインショップ
■FX3433
発売時期:2020年2月
自店販売価格:13,200円(税込)
カラー:ホワイト/ホワイト/カレッジネイビー
サイズ:23.0cm〜30.0cm(ユニセックス)
■FX1378/FX1379
発売時期:3月予定
自店販売価格:13,200円(税込)
カラー:FX1378 チョーク/クラシックホワイト/グレングリーン、FX1379 チョーク/クラシックホワイト/カレッジネイビー
サイズ:23.0cm〜30.0cm(ユニセックス)
■FX1382/FX1389/FX1390
発売時期:3月予定
自店販売価格:7,689円(税込)
カラー:FX1382 ホワイト/ホワイト/グレングリーン、FX1389 ホワイト/ホワイト/カレッジネイビー、FX1390 ホワイト/ホワイト/カーボン
サイズ:23.0cm〜30.0cm(ユニセックス)
■FX3371/FX3372/FX3373
発売時期:4月予定
自店販売価格:7,689円(税込)
カラー:FX3371 レガシーレッド/ホワイト/ブラック、FX3372 ホワイト/グレングリーン/ブラック、FX3373 ホワイト/フィアスゴールド/ブラック
サイズ:23.0cm〜30.0cm(ユニセックス)

【問い合わせ先】
リーボック アディダスグループお客様窓口
TEL:0570-033-033(電話受付 平日9:30〜18:00)