ジョウタロウ サイトウ(JOTARO SAITO)の2020年秋冬コレクションから注目ルックを紹介。

テーマは「霧の帝国」

今シーズンは「霧の帝国(Misty Empire)」をテーマに掲げたジョウタロウ サイトウ。霧の中から現れる、強く、魅惑的な女性像を思い浮かべながら、街中でも個性を主張し、自信を持って闊歩できるような着物を作り上げた。

花柄をグラフィカルな表情で

いつにも増してフラワーモチーフの存在感が強い今季。古くから着物の柄として用いられてきた花柄を、あえて工芸的な意匠ではなく、現代的なプリント風のパターンで表現したり、幾何学的な模様と組み合わせたりすることによって、モダンな佇まいに昇華している。

たとえばベビーピンクの着物にはモノトーンの花々と共に、縞模様の牡丹を大胆にあしらい、グラフィカルな表情に。優雅な薔薇の花を描いたレッドの着物には、ブルーのドット柄を散りばめてエッジィな要素を加えている。

グレーのフラワーレリーフをベースにした着物には、青や黄色、紫のグラデーションが美しい花柄を配して。裏地にアクセントとして挿した鮮やかなイエローが、纏う人が歩き、布が揺れ動くたびに姿を現し、華やかなムードをもたらす。

帯や半襟でエッジィに

着物とコーディネートする帯などの小物類も、モダンな着こなしを演出してくれるものばかり。ジオメトリックなチェック格子紋様やカラフルなストライプ柄などをあしらった帯が、遊び心溢れるムードへと導いてくれる。ラメ糸を用いたり、メタルスタッズ風のパターンを配したりした半襟も、メタリックな輝きで個性的なスタイルを叶える。

メンズは“ロウコート”やオロビアンコのコラボバッグも

メンズには、木の枝のシルエットと共に薔薇を描いた着物や、チェッカー模様をバックスタイルとフロント、裏地に走らせてアクセントを効かせたものなどが登場。レース状のフラワーモチーフをあしらった着物も、ダークグリーンと鮮やかなブルーを組み合わせたカラーパレットで、男性的な力強さと上品さを備えたアイテムに仕上げた。

ジョウタロウ サイトウが新しい和装アイテムとして提案しているコートジャケット「ロウコート」は、一見すると無地のシックなスタイル。しかし裏地はブランドロゴをあしらったマルチカラーで仕上げており、アヴァンギャルドな印象に導いている。また、オロビアンコ(Orobianco)とコラボレーションしたクラッチバッグも目を惹いた。