トム・ミッシュ(Tom Misch)の新作アルバム『What Kinda Music』が、2020年4月24日(金)にリリースされる。

トム・ミッシュ待望の新作アルバムは、ユセフ・デイズとのコラボ作品

ジャズ、ソウル、ヒップホップ、ディスコなど複数ジャンルを融合した独自の音楽性で、ネオ・ソウルシーンを率いる新世代のギターヒーロー、トム・ミッシュ。「グリーンルームフェスティバル'19」ではトリを務め、「フジロック・フェスティバル'20」への出演も決定している気鋭のマルチプレイヤー/プロデューサーだ。

その名を世界に大きく轟かせるきっかけとなったデビューアルバム『ジオグラフィー』に続く2年ぶりのアルバムとなる本作『What Kinda Music』は、トムと同じくロンドンを拠点にするジャズドラマー、ユセフ・デイズ(Yussef Dayes)とコラボレーションアルバム。国内盤には、表題曲の「What Kinda Music」を含む全16曲が収録されている。

アルバム収録の2曲が先行リリース

また、アルバムのリリースに先駆けて収録曲の「Lift Off(feat Rocco Palladino)」と「Kyiv」を先行リリース。この2曲のミュージック・ビデオも併せて公開されている。

作品情報

トム・ミッシュ 新作アルバム『What Kinda Music』
発売日:2020年4月24日(金)
国内盤価格:2,500円+税

<国内盤アルバム・トラックリスト>
1. What Kinda Music
2. Festival
3. Nightrider(feat Freddie Gibbs)
4. Tidal Wave
5. Sensational
6. The Real
7. Lift Off(feat Rocco Palladino)
8. I Did It For You
9. Last 100
10. Kyiv
11. Julie Mangos
12. Storm Before the Calm (feat Kaidi Akinnibi)
13. Saddle ※
14. Tidal Wave Outro ※
15. Seagulls ※
16. What Kinda Music (Jordan Rakei Remix) ★
国内盤ボーナス・トラック4曲収録(※=海外デラックスLP盤収録/★=デジタル・ボーナス・トラック)