『きのう何食べた?』が、西島秀俊・内野聖陽のダブル主演で映画化。劇場版『きのう何食べた?』として2021年、全国東宝系にて公開される。

西島秀俊×内野聖陽の『きのう何食べた?』が映画化

『きのう何食べた?』は、累計発行部数700万部(電子版含む)突破のよしながふみによる人気漫画で、西島秀俊・内野聖陽のダブル主演でドラマ化された人気作品。2019年4月クールにテレビ東京系列にて放送されたドラマ版は、ドラマ24枠シリーズ平均でタイムシフト視聴率が歴代最高を記録するなど、深夜ドラマ枠としては異例の大ヒットを記録した。

男2人暮らしの“ほっこり”する日常を描く

物語の中では、2LDKのアパートで同居する、料理上手で几帳面・倹約家の弁護士・筧史朗、通称・シロさんと、その恋人で人当たりの良い美容師・矢吹賢二、通称・ケンジの毎日の食卓を通して浮かび上がる、男2人暮らしの人生の機微を描いている。2LDK男2人暮らしのほろ苦くもあたたかい毎日と日々と、主人公2人の愛情ある関係性は、見ているだけで“ほっこり”心が温まると、幅広い世代の女性の心を射止めた。

ドラマ版より西島秀俊×内野聖陽が続投

展覧会も開催されるなど、人気の熱冷めやらぬ中、決定した映画化。今回も、ドラマ版と同じくシロさんを西島秀俊、ケンジを内野聖陽が演じる。その他、山本耕史、磯村勇斗、マキタスポーツ、田中美佐子らの演じる個性豊かなキャラクターも同じく登場する。

なお、西島秀俊は「ドラマからずっと応援して下さった皆様のお力で、映画化が決定しました。ケンジや仲間達との再会が今からとても楽しみです。スクリーンでより丁寧に、2人の温かく優しい生活をお届けしたいと思います。劇場版でも変わらぬ2人の姿をご覧頂けるよう、心を込めて演じたいと思います。」とコメントを寄せた。

一方の内野聖陽は、「テレビドラマで育ってきた実写版「きのう何食べた?」がスクリーンにのる日が来ようなんて!うれしいの一言につきます。でもケンジの愛が銀幕の中で暑苦しくならないように、男性同士の愛の生活をより自然体で表現できたらいいなと思っております!」と意気込みを語っている。

制作陣もドラマ版から続投

監督を務めるのは、『嘘を愛する女』でメガホンをとった中江和仁。脚本は『劇場版コードブルー』の安達奈緒子が手掛け、このタッグも出演者同様にドラマ版から続投となる。

【詳細】
劇場版『きのう何食べた?』
公開日:2021年全国東宝系にてロードショー予定
原作:よしながふみ『きのう何食べた?』(講談社「モーニング」連載中)
出演:西島秀俊、内野聖陽、山本耕史、磯村勇斗、マキタスポーツ、田中美佐子、梶芽衣子
監督:中江和仁
脚本:安達奈緒子
チーフプロデューサー:阿部真士
プロデューサー:佐藤敦、瀬戸麻理子
企画監修:神田祐介
制作 : エイベックス・ピクチャーズ/ザフール