京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術 250年の夢 第1部〜第3部 総集編 ─江戸から現代へ─」が、当初予定から会期・内容を変更し、2020年10月10日(土)から12月6日(日)まで開催される。

江戸から現代にいたる“京都の美術”を総覧

日本文化の伝統と創造の中心地である京都。「京都の美術 250年の夢 第1部〜第3部 総集編 ─江戸から現代へ─」は、江戸から明治、昭和、そして現代にまでいたる、約250年間の京都の美術を彩った名品を、日本全国から集めて総覧する展覧会だ。

京都の美術というと、江戸時代の伊藤若冲をはじめとして日本画が注目されることが多いが、実際には工芸にも優れた作品が数多く存在する。本展では日本画と工芸を中心軸に、明治に登場した洋画や彫刻が日本画・工芸との連関のなかでいかに展開したのか、そして戦後以降の美術がこれらの伝統のもとでいかに新たな創造を行なったのかを、分野を超えて紹介する。

京都における江戸美術

会場ではまず、近代以降の京都画壇の源流である、京都における江戸美術の精華を紹介。曾我蕭白の《群仙図屏風》(後期 11月10日(火)〜11月15日(日)展示)や伊藤若冲といった奇想の日本画などに始まり、幕末から明治にかけての激動期に起こった美術・工芸の発展を回顧する。

近代京都・日本画や書の名作

一方、明治後期には竹内栖鳳を中心に京都画壇が形成。大正期には黄金期を迎えるなど、昭和初期までにかけて、新しい日本画を生みだす活発な活動が展開された。続く章では、日本画・工芸との関係を踏まえつつ、土田麦僊《大原女》などの日本画から書にいたる近代京都の名作を展示する。

現在、伝統の継承と新たな表現のあいだで

敗戦を迎えると、従来の日本画・工芸の伝統は再考を迫られ、1960年代以降には多彩な現在美術の活動が繰り広げられることとなる。本展の最後では、巧みなメイクや衣装により著名な人物に扮する森村泰昌のセルフポートレート作品などを展示。伝統の継承と新たな表現の葛藤から生まれた工芸や洋画など、未来に挑む京都の美術を目にすることができる。

展覧会概要

京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術 250年の夢 第1部〜第3部 総集編 ─江戸から現代へ─」
※入場には公式サイトや電話での事前予約(前日まで)が必要。来場前には公式サイトを確認のこと。
会期:2020年10月10日(土)〜12月6日(日) ※展示替えあり
[前期 2020年10月10日(土)〜11月8日(日) / 後期 11月10日(火)〜12月6日(日)]
会場:京都市京セラ美術館 本館 北回廊1階・本館 北回廊2階
住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
開館時間:10:00〜18:00
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)
観覧料:一般 1,600円(1,400円)、大学・高校生 1,200円 (1,000円)、中学生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金
※障害者手帳等の提示者(介護者1名含む)は無料
※京都市内に在住・通学の高校生は無料

【問い合わせ先】
TEL:075-771-4334