映画『メイキング・オブ・モータウン』が、2020年9月18日(金)より全国公開。

音楽レーベル「モータウン」とは?

「モータウン」は、1959年にアメリカ・デトロイトにて誕生したソウル・ミュージックのレコード会社だ。

創設者はベリー・ゴーディ。新聞販売員やジャズのレコード店を経営した後、ジャッキー・ウィルソンの曲を作って音楽業界に参入した。1960年代半ばには、ビートルズやローリング・ストーンズなどにも影響を与え、全米を代表するレーベルに成長。今や“伝説”とまで称される音楽レーベルとして、世界中で親しまれている。

「モータウン」の強みは、徹底した管理体制。デトロイトにある自動車工場の組み立てラインをヒントに、全米 No.1ヒット曲を次々と生み出していく。クオリティ・コントロールと呼ばれた品質管理会議も有名で、ソングライターやプロデューサーたちの競争心を煽り、よりブランドに磨きをかけていった。人種差別や暴動など社会的な苦難に直面するも、人種や性別に分け隔てのない社風と音楽を武器に、分断した社会をひとつにしていった。

ベリー・ゴーディが初密着を許可した最初で最後の映画

「モータウン」の黄金期を彩った所属アーティストは、スティーヴィー・ワンダーや、ジャクソン 5、マーヴィン・ゲイ、ダイアナ・ロス&スプリームスなど、誰もが知るスーパースターの面々。そんなスターたちの伝説の楽曲と共に送る本作は、「モータウン」の生みの親ベリーゴーディに初めて密着したドキュメンタリーだ。

なお、ベリー・ゴーディは89歳で引退することを発表しており、本作がモータウン在職中に密着した最初で最期の作品となる。

“伝説を生むノウハウ”とは?

作中では、名曲誕生秘話やモータウンが映画ビジネスに参入すべくLAに本社を移すまでの歴史を、親友であり戦友のスモーキー・ロビンソンと旧交を温めながら説き明かしていく。

また、親しい関係者、スティーヴィー・ワンダーなど所属アーティストも出演。回想や証言も交えた貴重なエピソード・映像から、「モータウン」のヒット曲に隠された“伝説を生むノウハウ”も語られるという。

【詳細】
『メイキング・オブ・モータウン』
公開日:2020年9月18日(金)
監督:ベンジャミン・ターナー、ゲイブ・ターナー
出演:ベリー・ゴーディ、スモーキー・ロビンソン
原題:Hitsville: The Making of Motown
配給:ショウゲート