調査報道とファクトチェックに取り組む「INFACT」(運営:NPOニュースのタネ)は6日、「《週刊》ネット上の情報検証まとめ」で、インターネット上で最近話題になった"要注意"情報を発表した。

 新型コロナウイルス(新型肺炎)に関連する“要注意”情報など、以下5件について、代表的な情報拡散事例と、メディアがその真偽について検証した記事などを紹介している。

●「岐阜市ホームレス殺害 猫を虐める大学生達を咎めたから」
 =捜査関係者らが否定 無関係の実名も拡散

●「転売屋がマスクを週9億枚も買った」
 =9億枚は全販売数

●「日本国内で台湾製と印字のマスクは中国の偽物」
 =中国製と断定できる根拠はない

●「大型連休に沖縄へ6万人余り来る予定」
 =発着合わせた数 キャンセル手続き中のものも

●「ゴールデンウィークの航空便が満席」
 =減便をシステム上「満席」と表示

詳細は「《週刊》ネット上の情報検証まとめ」(毎週水曜掲載)で確認できる。

記事全文:https://fij.info/archives/6688
過去の回:https://infact.press/tag/weekly-verification/