古河電工---一気にシグナルが好転する展開も

足元で調整が続いているが、直近安値水準で下げ渋りをみせている。一目均衡表では雲の中での推移で強弱感が対立しやすいが、雲下限接近でこれを支持線として意識したリバウンドに期待。雲上限には転換線、基準線が位置しており、これを捉えると一気にシグナルが好転する。また遅行スパンも上方シグナルを発生させてくる。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索