堀田丸正---続落も430円処での煮詰まり感

続落。7月4日高値756円をピークに調整をみせているが、430円処での底堅さが意識されてきている。ボリンジャーバンドでは-1σでの攻防となり、次第に煮詰まり感が台頭してきている。一目均衡表では遅行スパンが下方シグナルを発生させてきたが、雲上限接近でリバウンド狙いの動きが意識されてきそうだ。

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索