足元の調整で支持線として意識されていた75日線を割り込む局面もみられたが、直近では75日線を回復し、同線が支持線として機能している。一方で、25日線が上値抵抗として意識されており、煮詰まり感も意識されてきている。一目均衡表では雲下限での攻防をみせているが、薄い雲であるため、一気にシグナルが好転してくる可能性も。