25日線を支持線としたリバウンド基調が続くなか、上値抵抗の75日線を上放れてきている。一目均衡表では雲上限を突破するなど、短期シグナルは好転。また、週間形状では13週、26週、52週線を突破してきており、週足の一目均衡表では雲上限を捉えてきている。遅行スパンは実線を突破しつつあり、中期シグナル好転が近づいている。