3月13日安値31880円をボトムに強いトレンドを形成し、4月3日には47270円まで上昇。その後は調整をみせているが、25日線が支持線として意識されそうである。一目均衡表では雲を上放れての推移が継続。転換線を下回っているが、基準線が支持線として意識される。遅行スパンは実線を上回っての推移が続いており、上方シグナルは継続。