しっかり。3月17日安値1925円をボトムにリバウンドを強め、4月6日には3085円まで上昇。その後は調整が続いていたが、上昇する25日線が支持線として機能する格好から、上値抵抗の75日線を捉えてきている。一目均衡表では雲上限レベルでの攻防が続いていたが、転換線、基準線を支持線に、雲を上放れてきている。