3月19日安値3820円をボトムに、リバウンド基調が継続している。足元では一旦75日線に跳ね返されたが、その後の調整では25日線が支持線として機能。その後の上昇で75日線を挟んでの攻防が続いている。一目均衡表では転換線、基準線を支持線に雲を上放れて推移している。