直近ダブルトップ形成後の調整により、25日線レベルまで下げてきており、仕切り直しのタイミングとして意識されやすい。一目均衡表では雲下限に接近してきており、雲下限を支持線としたリバウンドを意識。遅行スパンは5月高値水準を通過してきており、上方シグナルを発生させている。