強弱感が対立しやすいが、短期シグナルは改善

[本日の想定レンジ]
7日のNY市場は上昇。セントルイス連銀総裁が政策金利の現行維持を支持したほか、ミネアポリス連銀総裁がバランスシート縮小は金融市場の混乱なく完了するとの見通しを示したことが好感され、ハイテク株を中心に緩やかに上昇した。ダウ平均は25.61ドル高の22118.42、ナスダックは32.21ポイント高の6383.77。シカゴ日経225先物清算値は大阪比10円高の20050円。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好となろうが、ほぼ横ばい推移であり、引き続きこう着感の強い相場展開になりそうだ。昨日は節目の2万円を上回って始まり、5日、25日線を突破した後は、25日線レベルでの攻防となった。狭いレンジ内での推移となり、日中値幅は50円程度にとどまっていた。一目均衡表では雲上限を突破し、転換線、基準線も僅かに上回っている。遅行スパンはもち合いレンジ内ではあるが、実線が若干下がった水準のため、辛うじて上方シグナルを発生させてきている。

一方で、ボリンジャーバンドではバンドが横ばい推移のなか、+1σと中心値(25日)とのレンジに移行したが、トレンドは出難い。週間形状では辛うじて13週線を突破してきている。もち合いレンジ内のため強弱感が対立しやすいが、短期シグナルは改善してきている。下値の堅さが意識されてくるようだと、次第に自律反発を意識させてこよう。20000-20150円のレンジを想定。

[予想レンジ]

上限 20150円−下限 20000円

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索